記事

自民党の「失言防止マニュアル」にミタパン苦言「必要なのはマニュアルではなく判断力では」

画像はフジテレビ公式サイトのキャプチャ
画像はフジテレビ公式サイトのキャプチャ

自民党が党員向けに配布した「失言防止マニュアル」に、フジテレビの三田友梨佳アナウンサーが苦言を呈し話題になっている。自民党は、党員の相次ぐ失言を受け今月、記者会見での発言で気をつけるポイントなどをまとめた「失言防止マニュアル」を配布した。

三田アナは、キャスターとして出演した5月15日放送の『Live News α』の中でこの話題に触れ、

「必要なのはマニュアルではなく、判断力なのではないでしょうか」

などと言及した。

「マニュアルが必要になる時点で、国家議員の資質とはなんなのか考えてしまいます」

失言防止マニュアルは、党の組織運動本部遊説局が作成した。参院選候補者や秘書、スタッフに向けて実施した、パブリックスピーキングに関する研修会のポイントをまとめている。

「発言は『切り取られる』ことを意識する」、「タイトルに使われやすい『強めのワード』に注意」などの記載があるほか、歴史認識や政治信条に関する個人的見解、ジェンダーやLGBTに関わる個人的見解などには特に注意するよう呼びかけている。

三田アナは自民党のこうした対策について「必要なのはマニュアルではなく、判断力なのではないでしょうか」と疑問を投げかけた上で、

「言って良いことと悪いことの判断は誰かに言われてではなく、自ら責任を持っていただきたいです。マニュアルが必要になる時点で、国会議員の資質とは一体なんなのか。考えてしまいます」

とコメント。ネットでは「正論」「納得した」といった声が相次いだ。

自民党では今年4月、塚田一郎前副国土交通相や桜田義孝前五輪担当大臣が、それぞれ自身の失言を元に辞任している。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アダルト分野で素顔を晒す是非

    工藤まおり

  2. 2

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  3. 3

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  4. 4

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  5. 5

    韓国が国際法守ればG20会談実現

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  7. 7

    日本で定着 「お金=汚い」の偏見

    内藤忍

  8. 8

    フジ秋元アナが異動 不倫影響か

    女性自身

  9. 9

    今治タオル企業がネットの噂否定

    キャリコネニュース

  10. 10

    NHKで逮捕者 局内に犯罪予備軍か

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。