記事

来年15%増になる自治体も…“民営化”で水道料金が高騰する


厚生労働省は4月26日、3~5年ごとの水道料金見直しをルール化する方針を固めた。その見直しルール化で、水道の値上げがいっそう広まるのではと懸念される。経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれた――。

全国的に、水道事業は収益が悪化しています。その原因は大きく2つあり、1つ目は、人口減少などにより水道の使用量が減り、事業収入が増えないこと。2つ目は、高度経済成長期に造られた水道管の交換時期が迫っていて、多額の費用がかかることです。

ですが、料金改定は市議会等での議決が必要で、値上げに踏み出せない自治体が多いのです、’17年度に料金改定した自治体は、5.3%しかありません(’18年4月時点・日本水道協会・以下同)。

とはいえ、’17年度に福岡県大任町は42.8%の値上げを行いましたし、静岡市は’20年度に約15%の値上げ、その後も4年ごとに料金を見直すと発表しています。今回の見直しルールが実施されれば、水道料金の値上げが広まるのではないかと、私は心配しています。

実はすでに、水道料金は地域格差が大きいものです。全国平均は3,244円ですが、もっとも高い北海道夕張市は6,841円で、もっとも安い兵庫県赤穂市は853円と、8倍もの差があります(家事用・月20立方メートル使用の場合)。広大な土地に長い水道管が必要な地域で利用者が減ると、1人当たりの維持費がかさみ料金が高騰するのです。

さらに昨年、改正水道法が成立しました。今後は、水道事業の運営権を民間に売却する「コンセッション方式」が可能になります。

現在、全国の3分の1の水道事業者が、給水の経費を料金収入でまかないきれず赤字です(’18年・厚生労働省)。それでも自治体の運営ですから、赤字を税金などで補填して事業が継続できるのです。

運営が民間に移れば、コスト削減か、値上げしかないでしょう。老朽化を放置する事業者も出てくるかもしれません。料金は上がったのに水質は悪化したという最悪のケースも考えられます。

また、日本の水道事業参入をねらっているのは、おもに外国の大手水道事業者です。当然ですが、大きく儲かりそうな、今、料金が安く水質のよい地域をターゲットにして、参入後は、今回の見直しルールを後ろ盾に値上げを行うでしょう。水道料金は、今後、どの地域でも上がっていくと思います。

いっぽうで、利用者が少なく老朽化の激しい、儲けの少ない地域には、民間は見向きもしないでしょう。水道の地域格差はますます広がっていくと思います。

水道は命と直結する大切な公共インフラです。赤字だとしても、手っ取り早く利益重視の民間に託してよいのでしょうか。

そもそも改正水道法は、昨年、国民の関心がサッカーW杯に集中している時期に、わずか8時間足らずの審議で衆議院を通過しました。今でも、国民にていねいな説明がなされたとは思えません。

改正水道法は今年10月から施行されます。将来「あのときが岐路だった」と苦々しく振り返ることのないよう、私たちは深刻なまなざしを向けていきたいものです。

あわせて読みたい

「水道民営化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  4. 4

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  5. 5

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  6. 6

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  8. 8

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  9. 9

    野党は桜を見る会叩く暇あるのか

    自由人

  10. 10

    桜を見る会に立件できる証拠ない

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。