記事

国会議員として議員辞職勧告決議案にどう対処するのが適切か

明らかに単なる言葉狩りにはならない事案なので、野党の皆さんが件の衆議院議員に対して議員辞職を促したくなるのは分からないでもないが、さて、議員辞職勧告決議をすることがいいのかどうか。

議員辞職勧告決議には何の法的効力もない、ということだから、決議をしただけでは唯のパフォーマンスになってしまう。
国会議員の非違行為に当たるというのであれば、やはり院に対して懲戒を求めるのが筋だろう。

確かに実にけしからない言動ではあるが、だからと言って国会議員としての身分を強制的に取り上げなければならないほどの重大な非違行為であったとまでは言い難い。
本人に何らかのペナルティを与える必要はあることは認めるが、議員としての身分を剥奪しなければならないほどのものか、ということになると、どうも違うように思われてならない。
まして、醜態をさらした本人の言動が何らかの病気によるものだと言うことになれば、ここは慎重に対処した方がいい。

国会議員の失言や暴言の類は、これまで結構耳にしている。

ここで議員辞職勧告決議がなされると、これが国会の先例になってしまう。

さて、皆さん、大丈夫ですか?

仮に議員辞職勧告決議案が国会に上程されたら、私だったら欠席してしまうところだ。

あわせて読みたい

「国会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  3. 3

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  4. 4

    秋葉原メイドカフェはバブル状態

    文春オンライン

  5. 5

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  6. 6

    鈴木拓300万円使うもYouTube挫折

    SmartFLASH

  7. 7

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  8. 8

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  9. 9

    菅政権 半年も過ぎれば本領発揮

    鈴木宗男

  10. 10

    20年後の日本は「超独身大国」

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。