記事

失地回復、信用回復のための大阪維新の次の一手

松井さんのことだから既に次の一手を考えられていると思うが、大阪維新のダメージを最小限に止めるためには次から次へと手を打たれた方がいい。

早速松井さんは訪問団の団長の下に謝罪に出向くことにしたようだが、何はともあれ急がれることである。
今が大阪維新にとっての正念場であり、非常事態を迎えているという認識があれば、打つ手は自ずから決まるはずである。

戦争発言での議員辞職勧告決議案の提出はどうも筋悪で、多分実効性もないだろうからあまりこういうことには固執しないで、次の一手を打つことである。
件の議員を除名したのだから、件の議員の選挙区には大阪維新の国会議員も次期衆議院選挙の公認候補予定者もいないということになる。

件の議員よりも識見、能力において遥かに優れていると大方の有権者から評価されるような人を速やかに擁立することである。

橋下徹氏に言わせれば、大阪維新には優れた人材が大勢いるということだから、その優れた人材陣の中から大阪維新の公認候補予定者を選出し、速やかに政治活動を始めさせることである。

鉄は熱い内に打て、と言う。

松井さんがすぐ動き始めれば、世間の注目は件の議員よりも松井さんなり大阪維新の方に集まるようになるはずだ。

あわせて読みたい

「丸山穂高」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  3. 3

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  5. 5

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  7. 7

    北朝鮮海軍が金正恩氏の船を誤爆

    高英起

  8. 8

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  9. 9

    新立民に目新しさがないのは当然

    川名 ゆうじ

  10. 10

    菅首相の庶民派イメージは偽りか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。