記事

ファーウェイ傘下ハイシリコン、米取引規制を想定し以前から準備


[上海 17日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]傘下のハイシリコンは、いずれ米国から半導体やその他の技術を入手することができなくなる「極端なシナリオ」を以前から想定し、影響を緩和するための準備をしてきたと明らかにした。

大半の製品は安定供給が可能だとしている。

ハイシリコンの社長室による書簡を中国国営メディアが17日に報じた。ファーウェイはロイターに対し、ハイシリコンのコメントであることを確認した。

ハイシリコンは主にファーウェイ製品の半導体設計を行っている。

書簡は、米政府がファーウェイへの事実上の輸出規制を決めた直後にハイシリコンの何庭波総裁が従業員に送付したもの。

書簡によると、ハイシリコンは、ファーウェイが米国から最新の半導体や技術を入手できなくなる事態に備え、数年前から秘密裏にバックアップ製品の開発を進めてきた。

これにより、大半の製品は安定供給が可能で、「戦略的な安全性」を確保できるという。

同総裁は、ファーウェイが技術の自給自足を目指すとも表明。「金庫にあるすべてのスペアタイヤ」を活用する時が来たと述べた。

ファーウェイは、すでに高価格帯のスマートフォンにハイシリコンが設計したチップセット「Kirin」を搭載している。米国のクアルコム<QCOM.O>や台湾のメディア・テック(聯発科技)<2454.TW>のチップセットも利用している。

ファーウェイの徐直軍・輪番会長は3月のロイターとのインタビューで、ハイシリコンが昨年75億ドル以上に相当する半導体を製造したことを明らかにしていた。ファーウェイが外部から調達した半導体は推定210億ドル。

ファーウェイの広報担当は、調達が禁じられた米国製部品の代わりにハイシリコンの製品を利用できる場合は利用するとコメントしたが、詳細は明らかにしなかった。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「HUAWEI(ファーウェイ)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。