記事

米アプライド・マテリアルズ、第2四半期は売上高予想超え 株価上昇


[16日 ロイター] - 半導体・ディスプレー製造装置の米アプライド・マテリアルズ<AMAT.O>が16日に発表した第2・四半期(4月28日終了)決算は、売上高が予想を上回った。同時に発表した第3・四半期の業績見通しは、売上高と利益がアナリスト予想を上回った。

引け後の取引で株価は6%近く上昇した。

第2・四半期の純売上高は22.7%減少し、35億4000万ドルだったが、リフィニティブのアナリスト予想(34億8000万ドル)を上回った。

半導体システム部門の売上高は約25%減の21億8000万ドル。ただ、アナリスト予想(21億6000万ドル)は上回った。

調整後純利益は6億6000万ドル(1株当たり0.70ドル)と、前年同期の12億4000万ドル(同1.19ドル)から減少した。アナリストの1株当たり利益予想は0.66ドルだった。

第3・四半期の売上高は約35億2500万ドルと予想。アナリストの予想(35億1000万ドル)を上回っている。

1株当たり利益は0.67─0.75ドルを見込んでいる。アナリスト予想は0.69ドル。

半導体需要は減速しており、米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>は、業界の低迷があと2年続くと予想している。

アプライド・マテリアルズのダニエル・ダーン最高財務責任者(CFO)は、半導体市場は年内は横ばい状態が続くとの見通しを示した。

一方、米中貿易摩擦に関しては、対策を講じており業績への影響は限定的だとの見方を示した。

*内容を追加しました。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  6. 6

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。