記事

議員歳費削減法案に対する意見表明

画像を見る

 本会議で、議員歳費削減法案が採決されました。日本共産党は賛成しました。

 私は、それに先立つ議院運営委員会で、以下の発言を行いました。
 ………………………………………………………
 議員歳費は、憲法44条や49条に立脚し、国会法35条で原則を定めてきたものであります。そのあり方は、議員の位置づけ、議会のあり方そのものに深く関わる問題であり、各党参加のもとで丁寧に議論すべき課題であります。

 ところが今回の「議員歳費削減案」は、議院運営委員会において何らまともな議論をしないまま、提案されたのであります。民自公3党だけで協議し「合意した」ということで、全会派・議員に押しつけるやり方は、あまりにも強引であります。

画像を見る

 しかも重大なのは、与党などが議員歳費削減を消費税増税の露払いと位置づけ「まず身を切る」ことから始めるなどとしていることであります。

 邪(よこしま)な意図が見え見えであり、公務員給与の「削減にあわせる」という理屈も、とうてい成り立つものではありません。

 議員歳費のあり方については、議員の処遇をどう考えるかという問題全体のなかに位置づけ検討すべきものでありますが、それが行われた形跡がまったくありません。
 日本国憲法第44条には、議員の資格を「財産又は収入によって差別してはならない。」と明記されており、49条には「両議院の議員は、法律の定めるところにより、国庫から相当額の歳費を受ける。」と規定されています。

 これは、何人も国民の代表として国会議員の活動ができるよう、経済的保障を明確にしたものであります。国会議員の処遇については、この憲法の精神に従って、国民の理解が得られる合理的なものにすべきであります。

画像を見る

 ところが、今回の削減額をみると、公明が提案した2年間2割削減840万円から、昨年の震災復興のために削減した300万円を差し引いて540万円、12.88%という計算があるだけです。これは、あまりにもご都合主義であり、まったく説明にもなっておりません。

 しかも、我々が常々主張してきた特権的な役員手当の廃止、「文書通信交通滞在費」の見直し、「政党助成金」の削減・廃止については完全に無視され、今回も何の議論もなかったのであります。このようなやり方は、容認できるものではありません。

 いまなすべきことは、国民の声に正面から応え、公約違反の消費税増税を撤回し、政治不信を払拭する道に踏み出すことであります。

 以上の諸点を率直に指摘したうえで、国民感情も考慮し、歳費削減には賛成することとします。

画像を見る

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  6. 6

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  7. 7

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  8. 8

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  9. 9

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  10. 10

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。