記事

S&P500指数にフォロースルー・デーが至現

インベスターズ・ビジネス・デイリー(IBD)は4月26日付けで米国株式市場にフォロースルー・デーが至現したとしています。

フォロースルー・デーはウイリアム・オニールの定義するところの、「マーケットが調整局面(correction)から上昇相場(Up-trend)に転換する日」です。

月曜日の立会でS&P500指数は強く売られましたが、4月10日に付けた安値、1,357.38を死守したこと、その後、赤線で示した上値抵抗線を上に切ったことから上昇トレンド再開の判断に至ったものと思われます。
僕は基本的に過去半年に2回しかマーケット・コールはしていません。
一回目は去年の12月15日に、「年末のタックスロス・セリングがもたらす買い場を生かしたい」という事を述べました。

次に3月4日に全売りしました

あいにく、米国の株価指標は下がっていません。その意味ではこの売りタイミングは失敗でした。

ただ新興国株式はちょうど良い具合に調整しています。下は典型的な新興国株式のベンチマークであるEEMのチャートです。
リンク先を見る

さらにドットコム系の小型株の中にはこの間、大きく調整した銘柄が散見されます。

その一例はパンドラ・メディア(P)です。
リンク先を見る

ジンガ(ZNGA)もかなり下げました。
リンク先を見る

これらのチャートはS&P500とは違ってダウントレンドをハッキリ離脱できた様子はありません。ただ値幅的にはかなり調整したのでここからはアップサイドの方が大きい気がします。

あわせて読みたい

「米国株」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  2. 2

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  3. 3

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  4. 4

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  5. 5

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  6. 6

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  7. 7

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  8. 8

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  9. 9

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  10. 10

    「河野首相だけは絶対に阻止すべし」自民党の実力者4Aが密約を交わした残念すぎる理由

    PRESIDENT Online

    09月18日 10:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。