記事

西城秀樹さん一周忌、妻は「ようやく曲を聴けるように」

妻が語る西城秀樹さん一周忌秘話

 関東のとある寺院を、喪服に身を包んだ4人家族が訪れていた。時刻は午前11時。母は遺影を持ち、3人の子供たちはそれぞれ遺骨、位牌、卒塔婆を持っている。4人が向かったのは、木本家と刻まれた墓石だった。その新しい墓石は黒光りし、色とりどりの花が供えられ、果物や和菓子が置かれている。線香を手向ける母子の面持ちは神妙だった。

【写真】葬儀に参列した美紀さんと子供たち

 西城秀樹さん(享年63)の突然の死から1年。愛する人との別れを歌った西城さんのヒット曲『ブルースカイ ブルー』そのものの晴れ渡った空の下、西城さんの納骨が終わった。そして、家族は新たな一歩を踏み出した。

 5月14日、東京・豊洲にあるライブエンタテインメント専用シアター「チームスマイル・豊洲PIT」に秀樹ファンが駆けつけた。

 その日は、4日間かけて行われる西城さんのフィルムコンサート&写真展『HIDEKI SAIJO FILM CONCERT 2019 THE 48』の初日。西城さんが音楽賞で受賞したトロフィーや着用した衣装、愛用のギターなどの品々と写真が展示された会場ロビーは、人だかりができていた。

 コンサートが始まり、貴重なライブ映像が迫力ある音量で流れると、客席で涙ぐむファンもいた。

 西城さんの一周忌にあたる5月16日には、CD5枚、DVD1枚、写真集などが入った集大成アルバムのオールタイムシングルBOX『HIDEKI UNFORGETTABLE-HIDEKI SAIJO ALL TIME SINGLES SINCE1972』が発売される。ファンクラブでの予約受付は終了しており、予約が殺到したという。

 その一周忌を前に、納骨を終えた西城さんの妻・美紀さんがこの一年を振り返る。

「ゴールデンウイークの終盤に身内だけで納骨を執り行いました。無事に終えられ、ホッとしたような気持ちがある一方、寂しい気持ちもあります。あの日から一年…本当に、あっという間でした。

 今年は4月になってからも寒い夜があって、そんな時にはふと、入院している秀樹さんの所へ通ったことを思い出したりもしました」

 西城さんが倒れたのは昨年の4月25日。家族で夕食をとっている時のことだった。

「意識が戻ることはありません」

 救急車で運び込まれた病院の医師からそう伝えられたが、美紀さんはその言葉をすぐに理解できなかった。それでも美紀さんと子供たちは病院に毎日通った。「もって1週間」といわれた余命は家族の支えで伸びたが、5月16日、意識が戻ることなく旅立った。

葬儀で挨拶する美紀さん。子供たちは毅然としていた

 振り返ると、2001年に結婚した西城さんの家庭生活は、ほぼ闘病生活だった。2001年に脳梗塞を発症し、回復するものの2003年に再発し、長い闘病生活に入った。すでに2児の母だった美紀さんは、子育てをしながら懸命に西城さんを支えた。そして2011年にも脳梗塞を発症。一命を取り留めたものの、右半身に麻痺が残った。

「幼い子供たちは、他の家のお父さんと自分のお父さんの様子が異なることに戸惑った時期もありましたが、キャッチボールをする代わりに、お風呂で息子さんが秀樹さんの背中を流すなど、親子の絆を深めました。いちばん上の娘さんも、秀樹さんのリハビリに一緒になって取り組んで、一家で秀樹さんをサポートしていました」(木本家の知人)

 今では長女は高校二年生、長男は高校一年生、次男は中学三年生に成長した。子供たちは西城さんが亡くなってから悲嘆に暮れたが、今では前を向いて生活している。半年前、本誌のインタビューで美紀さんは子供たちの様子をこう語った。

《いちばんのパパっ子だった長女は友達の支えもあって、明るさを取り戻しています。長男は秀樹さんが応援してくれたサッカーの道を邁進しています。次男は、なんと秀樹さんのお墓のデザインを考えているんです》

 それから半年、納骨の時の様子を美紀さんはこう話す。

「昨年作った息子たちの喪服の裾がすっかり短くなってしまい、もうそんなに大きくなったのかと…知らぬうちに時が過ぎたことを思い知りました。いつもパパの話ばかりする甘えん坊の長女も、納骨の時は落ち着いて手を合わせてくれました」

 子供たちは毎日、“パパが天国から見守ってくれているから”と、自宅の遺影に声を掛けて祈っているという。

◆ようやく曲を聴けるようになった

 この一年、生前、西城さんと深い交友を続けてきた人たちにも大きな変化があった。

 昨年9月、樹木希林さん(享年75)が亡くなった。2人の出会いは西城さんが10代、樹木さんが30代で、まだ悠木千帆と名乗っていた頃だった。人気ドラマ『寺内貫太郎一家』(TBS系)シリーズで共演し、そこからプライベートでのつきあいも始まった。西城さんはかつて雑誌のインタビューでこう語っている。

《希林さんは若いころから本当にお世話になり、ご自宅にもお邪魔したこともあります。そして演技のことはもちろん、いろいろなことを教わりました》

 西城さんのことを樹木さんも、「まっすぐでキラキラして透き通った目が大好き」と公言してはばからなかった。

「西城さんが亡くなった後も、樹木さんは自身が闘病中にもかかわらず、“子供たちは大丈夫かしら? ふさぎこんでない?”と家族のことを心配していました。その樹木さんの逝去に、美紀さんは心を痛めたそうです」(芸能関係者)

 親友も病魔に襲われた。新御三家として何度も同じステージに立ち、西城さんが闘病生活を送るようになってからもたびたび見舞っていた野口五郎(63才)は昨年12月、食道がんの手術を受けた。がんが見つかったのは、普段よりも早いタイミングで受けた人間ドックだった。

「手術が終わった後、美紀さんは野口さんを見舞ったそうです。その時、野口さんは美紀さんに、“いつもより早く人間ドックを受けたのは、秀樹が天国から『早く受けろ』と言ってくれたからです”と告げました。さらに、“秀樹が助けてくれたんだ。『お前はまだ頑張ってくれ』と言われているような気がした”と話したそうです。今でも西城さん一家とは交流が続いています」(前出・芸能関係者)

 周囲に支えられながら女手一つで3人の子供を守り、育ててきた美紀さんは、父親として西城さんが果たしてきた役割も担っている。

「確かにこの一年、忙しかったですが、その忙しさが私を悲しみから救ってくれた気もしています。最近ようやく、これまでは聴けなかった秀樹さんの曲を、運転しながら聴けるようになりました。それも、秀樹さんの周りのかたに助けていただいているからです。命日には連絡をいただいたりお花を贈っていただいたり、ありがたいことだと感謝しています」

 逝去から一年。家族、友人、ファンは誰一人として西城さんを忘れてはいない。

※女性セブン2019年5月30日号

◇『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』
著者・木本美紀さんによるサイン本お渡し会が開催されます。詳細は各店舗へ。

<東京>
6月8日(土)18時~ 「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」
https://www.hmv.co.jp/store/event/38187/

<大阪>
6月23日(日)13時~ 「紀伊國屋書店天王寺ミオ店」
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Tennoji-Mio-Store/20190516110000.html

あわせて読みたい

「西城秀樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  2. 2

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  4. 4

    東京五輪後は一切面倒見ないIOC

    舛添要一

  5. 5

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  6. 6

    解雇規制緩和を主張する人の矛盾

    非国民通信

  7. 7

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  8. 8

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  9. 9

    日本企業に陽はまた昇るのか?

    ヒロ

  10. 10

    過去作否定? ターミネーター新作

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。