記事

上司の「信頼している」は余計なお世話。マネジャーは責任を取って任せるだけ

1/2

メンバーは思うように動いてくれないし、仕事をどの程度任せればいいのかわからない。マネジャーがどのように振る舞えばいいのか、正解はどこにあるんだろう。三越伊勢丹に勤める神谷友貴さんも、初めてのマネジャー業に悩んでいるお一人。

今回は、マネジャーに関する本を出版予定のサイボウズ副社長・山田理と神谷さん、そしてONE JAPAN発起人・代表の濱松誠さんを迎えて、マネジメントのヒントを探ってみました。

「信頼してる」って言葉はすごく一方通行。余計なお世話なんじゃない?

神谷さんは、いまマネジャーの立場でどんなことに悩んでいるの?



メンバーに仕事をどれくらい任せるかです。

いまは丸ごと仕事を任せているか、任せるというより一緒にやる形になるか、どっちかに偏ってしまっていて。バランスが難しいなと。

神谷友貴(かみたに・ゆき)。株式会社三越伊勢丹に新卒入社。2年間婦人服の販売に従事したのち、婦人服のアシスタントバイヤーを3年経験し、百貨店事業本部MD戦略部MD政策ディビジョンに異動。

現在はデジタル事業部新規事業ディビジョンカリテにてマネジャーの職務についている。濱松さんが代表を務めるONE JAPANにて富士通担当者と出会ったのをきっかけに、ドレスレンタルサービス「CARITE(カリテ)」のトライアル検証を2018年8月に銀座三越でスタート。

自分が責任を取るかどうかを考えるといいかもしれないね。

成功したらメンバーのおかげ、失敗したら自分の責任と考えると、放任の仕方が変わるんですよ。

どう変わるんですか?



自分が責任を取るなら、メンバーがどんな手順で仕事をしているのか、自然と気になるようになる。

そうすれば、マネジャーは情報が共有されやすい状態をつくる必要が出てくるよね。

でも、信頼関係がないとオープンに情報をやりとりするコミュニケーションって難しいですよね?



「信頼してる」って、すごく一方通行な話じゃない?

僕も以前は「信頼が大事」ってめっちゃ言っていたけど、相手にしてみたら、余計なお世話かもしれない。

山田理(やまだ・おさむ)。サイボウズ 取締役副社長 兼 サイボウズUSA(kintone Corporation)社長。1992年日本興業銀行入行。2000年にサイボウズへ転職し、責任者として財務、人事および法務部門を担当し、同社の人事制度・教育研修制度の構築を手がける。2014年からグローバルへの事業拡大を企図し、米国現地法人立ち上げのためサンフランシスコに赴任し、現在に至る。

なるほど。相手を受け入れるのは大事だと思うんですが、受け入れるだけですか?

たとえば、何か間違った方向に行こうとしている人には「それは違うよ」と言ったりは。

言うには言う。でも、正解なんて誰もわかんないよね。だからマネジャーが共有した内容を、チームメンバーが取り入れるかどうかは自由だと思う。


ふむふむ。



だからそれを踏まえて、「正す」じゃなくて、自分の意見を伝えるようにはしているよ。

「隣の人が何をしているのか」は知っておいた方がいいの?

それにチームメンバーが間違った方向にいっちゃうのは、チームで情報が共有されていないことが原因だったりする。

マネジメントする立場の人に伝えたいことは、ただひとつ。情報共有が大事だということ。

大企業だと「隣の人が何をしているのか知らない」というのはよくありますよね。

あるある!



マネジメントをする側としては、みんながどんなことをしているか、どのくらい知らせたほうがいいのかを悩んでいます。「周りの人の仕事を知らなくていい」という人も多いですよね。


うちの会社でも、人数が増えて、部署間に壁があるという話があって。



サイボウズでも?



あるある。サイボウズはキントーンを使って、全部のチームやプロジェクトの情報をオンラインで共有してるから、全部の情報をキャッチするのは無理なんだよね。

すると、誰かと話したときに、知らない情報が出てくる。そのときに「壁があった」と感じるみたい。

そうですよね。



でも、その情報って全員に必要な情報じゃないことが多い。だから、知りたければ取りにいける状態にすることが大切なのかな、と。

その情報を選ぶかどうかはその人次第だから、基本は一人ひとりに任せておけばいい。

オープンにすることが大事なんですね。



そうそう。「共有」より「オープンな場に情報を出しておく」と言った方が正しいかも。



情報をオープンにするのは、すぐに実践できそうです。

各現場の人たちそれぞれが情報を持っているはずだから、「チームとして情報をオープンにしよう」と、私が一言声がけしてみます。

あわせて読みたい

「上司」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏「日韓の歴史を学ぶべき」

    石破茂

  2. 2

    中露側との連携に舵切った文政権

    赤池 まさあき

  3. 3

    元オウム死刑囚の帰依心消えた夜

    篠田博之

  4. 4

    日米を敵に回し北朝鮮選んだ韓国

    AbemaTIMES

  5. 5

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  6. 6

    韓国暴走か 日本は立場表明せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    GSOMIA破棄 米では日本批判なし

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    ユニクロと無印良品の決定的違い

    PRESIDENT Online

  9. 9

    なぜ読書感想文で電子書籍はNGか

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    民主主義を取り戻せ 若者の挑戦

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。