記事

【アメリカとイランの緊張の高まり】

アメリカ国務省がイランの隣国のイラクに駐在するすべての職員を原則として国外退避するよう指示したことを受けて、アメリカとイランの軍事的な緊張に関する報道がいっそう増えています。

対イラン強硬派のボルトン大統領補佐官がトランプ大統領をけしかけていて、イランではなくアメリカが軍事衝突をあおっており、欧州の同盟国はアメリカと距離を置いているというトーンが目立ちます。

イランの最高指導者ハメネイ師の反論の手段がトランプ大統領が大好きなツイッターというのが興味深いです。

[画像をブログで見る]

WSJはアメリカ国務省が15日、イランの隣国のイラクにいる「緊急を要さない職員(non-emergency

US government employees)」全員に国外退避を命じたと報じています。

背景としては、サウジアラビアの原油パイプラインが無人機による攻撃を受け、背後にイランがいるとされて、アメリカとイランの緊張が高まっていることだいうことです。

すでに12日の段階で、イラクに駐在するアメリカ国民に細心の注意を払うよう警告をしたばかりだということです。

Washington Postによりますと、イラクに駐在するアメリカ国務省の人数は分からないとしつつ、「首都バグダッドにあるアメリカ大使館は世界でももっとも大きい拠点のひとつ」ということで、アメリカ軍もイラクに約5000人を駐留させているとしています。

トランプ政権はイランが、中東地域にいるアメリカ人に対する「差し迫った攻撃(imminent attack)」を支援していると非難している一方で、イランの最高指導者ハメネイ師は14日「われわれは戦争を求めていないし、それは相手(アメリカ)も同じだ」とツイッターを使って反論しました。

FTは、アメリカのポンペイオ国務長官が14日、ロシアのソチを訪問して、プーチン大統領らと会談したあと「イランが地域での脅し、さらに不安定やテロの拡散をやめるまで圧力をかけ続ける」と述べたと報じています。

これに対してISへの軍事作戦に参加する国々で構成する有志連合の副司令官を務めるイギリス陸軍のギカ少将(Major General Christopher Ghika)は「イランが背後にいる勢力の脅威が高まっているとは見てない」と指摘したということです。

New York Timesはイラン情勢をめぐる緊張の高まりを後押ししているのは、むしろアメリカだと報じています。

イギリス陸軍のギカ少将の発言は米国防総省で行われたビデオ会見の中でされたもので、数時間後、中東地域を管轄するアメリカ中央軍が異例の声明を出して、ギカ少将の発言について「イランの脅威に関する、アメリカと同盟国の信頼できる情報に反する(counter to the identified credible threats available to intelligence from US and allies regarding Iranian-backed forces in the region)」と反論。

一方、欧米の情報・軍事関係者によると、このところの緊張を高める行動はイランの首都テヘラン発ではなく、ワシントン発だとして、対イラン強硬派のボルトン大統領補佐官とポンペイオ国務長官がトランプ大統領をけしかけてイランを追い込んでいるとしています。

よくわかっていないトランプ大統領が気づいた時には戦争の道を歩みだしかねない、という欧州の複数の政府高官の懸念を伝えています。

ポンペイオ国務長官は13日、ベルギーを急きょ訪れて各国の外相やEUで外交を担当するモゲリーニ上級代表と会談しアメリカのイラン強硬姿勢を支持するよう求めたのに対して、冷淡に受け止められたということです。

ポンペイオ国務長官がイランに対して「最大の圧力(maximum pressure)」をかけることを繰り返し強調していることを踏まえて、モゲリーニ上級代表は「最大の抑制(maximum restraint)」を求めて、自制を促したそうです。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  3. 3

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  4. 4

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  5. 5

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  6. 6

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  7. 7

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  8. 8

    山口 移籍前夜の運営批判が波紋

    女性自身

  9. 9

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  10. 10

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。