記事

読書家が注目"最新ビジネス書"ベスト20

1/2

毎月、新たに発売されるビジネス書は約500冊。いったいどの本を読めばいいのか。読書家が集まる本の要約サイト「flier(フライヤー)」で、4月にアクセス数の多かったベスト20冊を紹介しよう――。

第1位:『やってはいけない7つの「悪い」習慣』(デビッド・M・R・コヴィー/スティーブン・M・マーディクス著、野津智子訳、日本実業出版社)
第2位:『世界最新の太らないカラダ』(ジェイソン・ファン著、多賀谷正子訳、サンマーク出版)
第3位:『OODA LOOP(ウーダループ)』(チェット・リチャーズ著、原田勉訳、東洋経済新報社)
第4位:『働き方改革』(小室淑恵著、毎日新聞出版)
第5位:『あたりまえを疑え。』(澤円著、セブン&アイ出版)
第6位:『紙1枚! 独学法』(浅田すぐる著、SBクリエイティブ)
第7位:『才能に頼らない文章術』(上野郁江著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)
第8位:『熟睡の習慣』(西野精治著、PHP研究所)
第9位:『伝達の整理学』(外山滋比古著、筑摩書房)
第10位:『管理ゼロで成果はあがる』(倉貫義人著、技術評論社)
第11位:『RE:THINK』(スティーヴン・プール著、佐藤桂訳、早川書房)
第12位:『MiND』(ジョン・R・サール著、山本貴光/吉川浩満訳、筑摩書房)
第13位:『メモの魔力』(前田裕二著、幻冬舎)
第14位:『直感と論理をつなぐ思考法』(佐宗邦威著、ダイヤモンド社)
第15位:『東京大田区・弁当屋のすごい経営』(菅原勇一郎著、扶桑社)
第16位:『0から1をつくる』(本橋麻里著、講談社)
第17位:『14歳からの資本主義』(丸山俊一著、大和書房)
第18位:『コミュニティをつくって、自由に生きるという提案』(マツダミヒロ著、きずな出版)
第19位:『FACTFULNESS』(ハンス・ロスリング/オーラ・ロスリング/アンナ・ロスリング・ロンランド著、上杉周作/関美和訳、日経BP社)
第20位:『両利きの経営』(チャールズ・A・オライリー/マイケル・L・タッシュマン著、入山章栄監訳、冨山和彦解説、渡部典子訳、東洋経済新報社)

※本の要約サイト「flier」の有料会員を対象にした、2019年4月の閲覧数ランキング

やってはいけない「7つの悪い習慣」

デビッド・M・R・コヴィー/スティーブン・M・マーディクス著、野津智子訳『やってはいけない7つの「悪い」』(日本実業出版社)

2019年4月にフライヤーで最も読まれたのは、『7つの習慣』の著者スティーブン・R・コヴィー氏の三男であるデビッド・M・R・コヴィー氏らが執筆した『やってはいけない7つの「悪い」習慣』でした。

本書には7つの「悪い」習慣(=わな)が出てきます。どれも昔からあるものですが、現代社会ではより魅力を増しており、そこから逃れるのがますます困難になっているといいます。たとえば第三のわなである「焦点(フォーカス)のわな」は、家族や夢などといった本来大切にするべきことを犠牲にし、取るに足らないことにとらわれている状態を指します。

インターネットの普及により、私たちは世界中の情報にアクセスできるようになりました。その一方で、どうでもいいものが溢れる世界ともつながりやすくなっています。しかもこのようなわなは日常の至るところに潜んでおり、一度落ちたら抜け出すのは至難の業です。

「環境を変える」では悪い習慣はなくならない

本書は物語調になっており、主人公のアレックスは「家族思いだが金遣いが荒く、悪友に影響されやすい」人物として描かれています。彼は見事なまでにすべてのわなにひっかかっているのですが、彼を心から笑い飛ばせる人はそう多くないはず。それほどまでに7つのわなは日常の至るところに存在しており、魅力的かつ巧妙なのです。ともすると私たちは、自分がわなにかかっていることにすら気づけていないアレックスなのかもしれません。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/bee32)

「誰もが成功できるやり方」はなかなかありませんが、「誰もが失敗するやり方」は明白です。「悪い」習慣をなくしたいのであれば、環境などの外部要因を変えるだけでは不十分であり、根本的にマインドセットを変えなければならない――。わなにハマって、エネルギーを失わないようにすること。そして蓄えたエネルギーを使って、少しずつでもいいから良い習慣を構築していくこと。『7つの習慣』を読んだことがある人にとっても、読んだことがない人にとっても、得るものが大きい一冊です。

「PDCAサイクル」に代わるフレームワークとは

チェット・リチャーズ著、原田勉訳『OODA LOOP』(東洋経済新報社)

年度初めという時期が影響しているのか、4月は「働き方」に関する本がいつも以上に多く上位にランクインしました。

第3位の『OODA LOOP(ウーダループ)』は、「PDCAサイクル」に取って代わると期待されているフレームワーク。もともとは軍事戦略に用いられた意思決定理論をビジネスパーソン向けにアレンジしたもので、個人レベルでも組織レベルでも実践できるようになっています。

スピードを重視する「電撃戦」の有効性を指摘し、「外部の世界で起こっている、目まぐるしい環境変化に即座に対応し、自らの方向性や、進むべき道を変化させることができる能力」(=アジリティ)を重視する本書は、まさに大きな変化に直面している現代社会だからこそ読むべき一冊といえるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  2. 2

    藤井7段 最年少17歳で棋聖の凄さ

    大村綾人

  3. 3

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    消費税率戻さねば辻褄合わぬ政府

    自由人

  5. 5

    「日本は核保有国と共犯」に反論

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    渡部の現在「格闘家みたいな顔」

    SmartFLASH

  7. 7

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    李登輝氏の死去に冷淡な日本政府

    WEDGE Infinity

  10. 10

    NYの前例 GoToは全く良策でない

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。