記事

前日銀副総裁「消費税増税がリーマン・ショック級危機を招く」

1/2
前日銀副総裁「消費税増税がリーマン・ショック級危機を招く」

テレビでは軽減税率の特集が組まれ、コメンテーターが日本の財政赤字の多さを強調する……。増税やむなしと思っているそこのあなた、財務省にだまされています! そこで識者が緊急提言・10月消費税10%はいますぐ凍結を!

■「税率UPで深刻不況に」岩田規久男・前日銀副総裁

《国の借金1,100兆円=1人当たり885万円-財務省》(2月28日時事通信)

こんな報道が目に入ると“将来の子どもにツケを回したくない”と考えて、10月に予定されている消費税の増税もやむを得ないと思う人も多いのではないか。4月28日に発表された読売新聞の世論調査でも、45%が増税に賛成しているという結果だった。

「しかし国の借金は、国債という形で、国民や企業の資産になっています。家庭に例えると、夫が妻のへそくりを借りているようなもの。家計の中で、お金は減っても増えてもいません。日本が外国から借金している金額はごくわずかで、ほとんど国民からの借金ですから、家庭内の借金と同じで、『いま消費増税しないと財政破綻する』というのは誤った考えです」

こう語るのは、昨年3月まで日本銀行副総裁を務めた、学習院大学名誉教授の岩田規久男さんだ。安倍政権下で、まさに日本の金融政策の中枢にいた岩田さんは消費税増税に強く反対している。消費税はこれまでも、日本経済に大打撃を与えてきたという。

「’97年に3%から5%への増税の直後に消費が落ち込んだとき、財務省はアジア通貨危機が原因と主張しましたが、デフレになろうとしているときの増税が原因でした」

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  3. 3

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  4. 4

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  5. 5

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  6. 6

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  7. 7

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  8. 8

    山口 移籍前夜の運営批判が波紋

    女性自身

  9. 9

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  10. 10

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。