記事

性暴力の処罰見直しを 広がる講義のフラワーデモ

性暴力がなくならない中で、女性の意思に反した性交にもかかわらず、相次ぐ無罪判決に抗議して、各地で被害者に寄り添う心情を花で表現する「フラワーデモ」が開催されています。花柄の洋服を着たり、生花を手にしたりした参加者が次々にマイクを握り、自身の被害経験や無力感、憤りなどを語ります。

11日には、大阪市で開催され、女性を中心に約250人が集まりました。呼びかけ人で作家の北原みのりさんは「合意があったと男性が勘違いしたから無罪になる。さっぱりわからない。裁判官のジェンダーの視点を問い直したい」と訴えました。

フラワーデモは、先月、東京で開催され、11日には大阪のほか、東京や福岡でも開催されました。今後も毎月11日に各地で開催する、ということです。性暴力の被害当事者などの団体「Spring」(東京)は、13日に、山下法相に、刑法の運用見直しや改正を要望しました。最高裁の大谷直人長官宛の要望書も担当者に渡しました。

要望書では、19歳の実の娘に対する準強制性交罪に問われた父親に無罪判決を言い渡した3月の名古屋地裁岡崎支部判決について「抵抗は恐怖の時の反応として必ずしも一般的でなく、混乱によって動けなくなってしまうこともある」と批判しています、暴行や脅迫によって抵抗が著しく困難な状態だったと認定されなければ、強制性交罪などは成立しないとする現行法を見直し、同意がない性交を罰する罪を創設するよう求めました。

2017年の刑法改正で強姦罪の罪名を強制性交罪に改めた際にも、抵抗が著しく困難だったことが必要とされる「抗拒不能」の認定を外す意見は出ていましたが、見送られた経緯があります。福岡地方久留米支部の判決では、抗拒不能ではあったが故意が認められないとして無罪を言い渡しています。酔いつぶれた女性と性交した男性について、女性が許容していると誤信する状況にあったとしています。

法相への要望では、さら、に同意がない性行為を犯罪として処罰することを求めています。イギリスなど欧米では、同意がない性交を犯罪としている国が、いくつもあります。2017年の刑法改正の時は、共謀罪法や加計学園問題などがあり、十分審議が尽くされたとはいえない状態でした。付則に「3年後の見直し」が盛り込まれていますので、それに向けて、性犯罪の成立要件を、しっかり議論すべきだと思います。

性暴力は、人権侵害です。恐怖などで抵抗できない、男性が同意していると誤信した、ということで無罪になったのでは、たまりません。性暴力は犯罪、という意識を、社会全体で広げていくことも重要だと思います。

あわせて読みたい

「性犯罪」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。