記事

泉佐野市のイメージ、ふるさと納税で一部変化 「儲かればいい、という貪欲な感じ」「政府に意見できる自治体」

ふるさと納税で市のイメージ変化 ふるさと納税で市のイメージ変化

エアトリは5月15日、「ふるさと納税がもたらした効果」に関する調査結果を発表した。調査は今年4月下旬に、20代~70代の男女685人を対象に実施。インターネット上で回答を得た。

「ふるさと納税」を行ったことがある人に対し、「ふるさと納税」を行ったことで納税先に興味を持ったか聞いたところ、「興味を持ち、実際に訪れた」が11.3%、「訪れてはいないが、興味を持った」が61.4%だった。納税先に「興味を持った」と回答した人は7割を超える結果となった。

知名度8割超! 「イメージ悪くなった」も2割弱


ふるさと納税制度をめぐり総務省と対立し、アマゾンギフト券を上乗せするなどのキャンペーンで話題を呼んでいる大阪府の「泉佐野市」について、「ふるさと納税の件で初めて本市を知った」と回答した人は36.6%だった。「元々知っていた」(48.2%)と合わせると、同市の現在の知名度は8割を超える結果となっている。

「ふるさと納税」に関するニュースを見てからの同市に対するイメージを聞いたところ、「特に変わらない」(63.5%)が過半数であった。一方で、「良くなった」(18.6%)と「悪くなった」(17.9%)は拮抗する結果となった。

「良くなった」理由としては、以下のような意見が挙がった。

「政府に意見できる自治体と好印象を受けました」(60代・男性)
「民間企業的な感覚を持った仕事の仕方の尖兵と成れば良い」(70代・男性)
「自ら知恵を絞り、市の経済危機を乗り越えようとする姿勢に感銘を受けた」(40代・男性)

一方で、「悪くなった」理由としては、

「気持ちもわかるが、制度本来の趣旨から逸脱している」(60代・男性)
「儲かればいい、という貪欲な感じがする」(50代・女性)

といった意見が見られた。

あわせて読みたい

「泉佐野市」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  2. 2

    フリーで消耗 自転車操業の日々

    BLOGOS編集部

  3. 3

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  4. 4

    丸山議員への辞職勧告は言論封殺

    小林よしのり

  5. 5

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  6. 6

    差別なぜダメ?倫理学者の答えは

    村上 隆則

  7. 7

    よしのり氏 山尾氏は必要な人材

    小林よしのり

  8. 8

    内定辞退で来社 採用担当は迷惑

    城繁幸

  9. 9

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  10. 10

    堀江氏が村上世彰氏を痛烈に批判

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。