記事

日本の死刑制度は、このままで良いのか?

世界の142カ国が死刑制度を廃止、もしくは停止している中で、最近、日本の国会での死刑制度をめぐる議論が低調になっています。

OECD加盟の先進36カ国の中でも、死刑制度があるのは日本と韓国と米国ですが、韓国はすでに執行が停止され、米国も50州のうち、24州で廃止、停止となっています。先進諸国で、純粋に死刑制度を堅持し執行を続けているのは、実は日本だけになっています。

昨年12月、超党派の議員連盟「日本の死刑制度の今後を考える議員の会」が結成され、私は幹事長に就任しました。この議連には存続を主張する議員、廃止を主張する議員ともに参加しており、これからのわが国の死刑制度のあり方について、活発な国民議論を広く喚起することを目的としています。

5月8日の衆議院法務委員会において「日本の死刑制度の存廃」をテーマに山下法務大臣に質疑を行いました。わが国の死刑制度がどのような法律根拠と解釈によって成り立っているのか。基本的な事柄を確認しました。日本の死刑の執行方法を定めた文書は明治6年公布の「太政官布告」であり、昭和23年の最高裁判決が死刑制度を合憲とする根拠の一つとなっています。

あわせて読みたい

「死刑」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  2. 2

    フリーで消耗 自転車操業の日々

    BLOGOS編集部

  3. 3

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  4. 4

    丸山議員への辞職勧告は言論封殺

    小林よしのり

  5. 5

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  6. 6

    差別なぜダメ?倫理学者の答えは

    村上 隆則

  7. 7

    よしのり氏 山尾氏は必要な人材

    小林よしのり

  8. 8

    内定辞退で来社 採用担当は迷惑

    城繁幸

  9. 9

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  10. 10

    堀江氏が村上世彰氏を痛烈に批判

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。