記事

10年で3回目 交通事故で高田純次(72)が被害者とトラブル - 「週刊文春」編集部

 タレントの高田純次が、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性が怪我を負っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。


高田純次 ©文藝春秋

 事故が起きたのは4月14日。被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

 約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。

 事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

 高田は、小誌の取材に対し、「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。その上で、事故を起こしたことは認め、「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。

 高田は2009年に、前方不注意でミニバイクと衝突事故を起こし、19歳の男性に全治2週間の怪我を負わせている。この時には、「二度とこのような事故を起こさないよう慎重に行動し、努力していきたいと思います」とコメントしていた。また、昨年3月にも、信号待ちの車に追突事故を起こしている。

 自身の運転について危うさを感じることはないのかを聞くと、「まあ、自分で(運転が)危ないなと思うことはほとんどないんですけどねえ。高齢は高齢なんですけど、運転は好きな方ですから」と回答した。

 Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話した。

 5月16日(木)発売の「週刊文春」では、事故の内容や“示談交渉”の中身、高田との一問一答などを報じる。また「週刊文春デジタル」では、高田の「ナッシング」音声などを公開する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年5月23日号)

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    早朝4時に吉野家 離れられぬ東京

    内藤忍

  2. 2

    フリーで消耗 自転車操業の日々

    BLOGOS編集部

  3. 3

    慰安婦映画への陳腐な批判に呆れ

    古谷経衡

  4. 4

    丸山議員への辞職勧告は言論封殺

    小林よしのり

  5. 5

    電子決済に逆行 現金化する日本

    木村正人

  6. 6

    差別なぜダメ?倫理学者の答えは

    村上 隆則

  7. 7

    よしのり氏 山尾氏は必要な人材

    小林よしのり

  8. 8

    内定辞退で来社 採用担当は迷惑

    城繁幸

  9. 9

    田口容疑者 小嶺に誘われ大麻か

    渡邉裕二

  10. 10

    堀江氏が村上世彰氏を痛烈に批判

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。