記事

北朝鮮ミサイル発射でトランプが用いた「情報フレーミング」

物別れに終わった2回目の米朝首脳会談(AFP=時事)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々を心理的に分析する。今回は、ミサイル発射で緊張が高まっている米朝関係を分析。

 * * *
 どちらの堪忍袋の緒が先に切れるのか? 米国と北朝鮮を巡る報道を見ていると、双方いつ我慢の限界に達してしまうのかと怖くなる。

 北朝鮮が4日に続いて、9日にも短距離ミサイルと推定される飛翔体を発射した。中国もロシアも頼りにならず、経済制裁に苦しんでいるといわれる金正恩・朝鮮労働党委員長は、危機感を煽っている。これに対してトランプ米大統領は、飛翔体を短距離ミサイルとして、「非常に重大な問題とみており、誰も喜ばしいとは思っていない」と不快感を示した。

 不快に感じて当然だろう。昨年6月の歴史的な米朝会談の2か月前、金委員長はミサイル発射と核実験中止を表明。トランプ氏は「北朝鮮と世界にとって、とても良い知らせだ。すいごい進展だ」とツイートした。今年2月に行われた2回目の米朝首脳会談が決裂したといっても、ミサイルや核実験停止を継続すると約束し、現に発射や実験がなかったことが、トランプ大統領にとっての外交的成功でもあったのだから。

 1度目に飛翔体を打ち上げた時、トランプ大統領は「金委員長は、私との(核廃棄の)約束を破りたくない」とツイートし、冷静に反応。だが、立て続けの発射となるとそうはいかなかったようだ。加えて、米国の国防総省は、この飛翔体を複数の弾道ミサイルと断定した。こうなると話は別。国連の北朝鮮制裁決議に違反するため、トランプ大統領も何らかの対応を迫られる可能性が出てくる。

 弾道ミサイルだったと聞かされたトランプ大統領は、どんなツイートや発言をするのか。そう思っていた翌日、米政治専門サイト「ポリティコ」のインタビューで「短距離ミサイルで、非常にありふれたものだ」と述べた。その上、「信頼を裏切ったとは考えていない」と答えたのだ。

 もう少し不快感を露にするかと思いきや、現実に目をつぶったとも取れる発言にちょっとだけ驚いた。だが、人は自分の信念や目指している結果と一致しない情報は、客観的に評価するのが苦手である上、情報の価値を軽減して捉える傾向があるといわれる。

 控えめな発言に変わった裏には、トランプ政権の思惑やら国際情勢やら、諸々の事情があるだろうし、トランプ大統領が目指しているのは非核化の実現ということに変わりはない。そこで、トランプ大統領が用いたのが「情報フレーミング」だ。

 情報フレーミングとは、同じ情報でも、枠組み(フレーム)の捉え方によって意味が変わることだ。同じミサイルでも「短距離ミサイル」とするか「弾道ミサイル」と呼ぶか、重大な問題と言うかありふれた普通のものと言うか、表現や説明が変わるだけで、人々に与える印象はがらりと違ってくる。

 それだけではない。自分自身がそれをどう捉えるかも変わってくる。トランプ大統領は自らが表現を変えることで、「信頼を裏切る行為ではない」と自分にも言い聞かせたのかもしれない。また、人は矛盾した情報に触れた後ほど、それまでの自分の思いや信念を強くするものだという。

 ミサイル発射を「ありふれたもの」と言われた金委員長は、さらなる行動に出る危険があると分析する専門家らもいる。米朝対話の継続を目指すトランプ大統領が、金委員長に裏切られたと思うラインはどこなのか。計算できない怖さがある。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    矢沢永吉に苦情 不謹慎探す社会

    常見陽平

  2. 2

    河野氏 荒川氾濫なら500万人影響

    河野太郎

  3. 3

    萌えキャラで献血PRは問題あるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    体に悪い? 意外なファストフード

    諌山裕

  5. 5

    荒れた日韓関係と無縁のラグビー

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    韓国選手負傷でラグビー日本奮起

    NEWSポストセブン

  7. 7

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  8. 8

    高尾山の台風被害 迷惑登山客も

    清水駿貴

  9. 9

    イジメ教師 後輩に性行為強要か

    文春オンライン

  10. 10

    ヒカキン自宅に撮影警告の張り紙

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。