記事

米ロ外相が会談、関係改善に向けた取り組み確認


[モスクワ/ソチ(ロシア) 14日 ロイター] - ロシアを訪問しているポンペオ米国務長官は14日、ラブロフ外相と会談した。ラブロフ氏は、米ロが長年にわたる相互不信を終わらせ、建設的に取り組む道を模索する時期に来ていると指摘。ポンペオ氏はトランプ米大統領はロシアとの関係改善にコミットしていると応じた。

ポンペオ長官とラブロフ外相は黒海沿岸のリゾート地ソチで会談。ポンペオ氏はこの後、プーチン大統領とも会談する。

米ロ関係は、ロシアが2016年の米大統領選挙に介入したとの疑惑のほか、ベネズエラ、イラン、シリア、ウクライナ問題を巡る見解の相違などでぎくしゃくしている。

ラブロフ外相は会談の冒頭、「疑念や偏見が存在しており、これにより相互の安全保障が損なわれるだけでなく、世界中で懸念が高まる」と指摘。「米ロ関係の新たな、建設的な枠組みを構築する時期に来ていると考えている」とし、「米国も同様に対応する用意があるなら、ロシアにも対応する用意がある。取り組みを始め、どうなるか見てみたい」と述べた。

これに対しポンペオ長官は「トランプ大統領は米ロ関係の改善にコミットしている。両国の間には見解の相違もあるが、すべての面で対立を運命付けられているわけではない。利害を共有している部分を探し出し、力強い関係を構築することを希望している」とし、両国が共通認識を醸成できる分野としてテロリズム対策と核拡散防止を挙げた。

米大統領選のロシア介入疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査報告公表以降で、ポンペオ長官の訪ロは両国高官の接触としては初めてとなる。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  9. 9

    「日本にロックダウンという手法はなじまないと思う」 法整備の必要性を問われ菅総理

    ABEMA TIMES

    07月30日 21:20

  10. 10

    東京都の銭湯料金が8月1日から値上げ ブームから一転、コロナ禍で利用客減少

    BLOGOS しらべる部

    07月30日 17:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。