記事

5月14日(火)ムネオ日記

 自民党各派閥の政治資金パーティーが目白押しと報道になっている。

 平成研究会(旧小渕派)は3月13日に開かれ、5月9日二階派、13日石破派、今日は麻生派、15日岸田派、21日細田派、29日石原派となっている。

 毎年各派閥は資金集めパーティーを開くが、参議院議員選挙の前は特別の雰囲気がある。

それにも増してダブル選挙の憶測が出てくると自民党幹部の発言も変わってくる。

 萩生田幹事長代行が4月18日「消費増税先送りで、衆院解散で信を問う」とインターネットテレビで発言すると22日には、二階幹事長は記者会見で「個人的会見で相談や了解があったわけではない」と不快感を示している。

 ところが昨日、二階幹事長は記者会見で、衆・参同日選の可能性について「安倍首相が判断すれば全面的にバックアップして対応する用意はある」と述べている。20日少しの間で言い振りが大きく変わっている。

 こうしたことを踏まえると、やはりダブル選挙も頭に入れておかなくてはと衆院議員の皆さんも足元が自然と動き始めるのではないか。

 解散は安倍総理総裁の専権であり、神のみぞ知るである。あわせて「備えあれば患いなし」「常在戦場」の心構えで日常の活動が勝敗を分ける。

 国民から選ばれる国会議員は、飲酒して余計なことを言ったり、間違った行動をするとブーメランとなって返ってくる。

 くれぐれも自分の分、立ち位置をしっかり考えながら国政と向き合って戴きたい。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  4. 4

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  5. 5

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  6. 6

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  7. 7

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  8. 8

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  10. 10

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。