記事

維新・丸山議員の「戦争で取り返す・・」発言は許せない

日本維新の会の丸山穂高衆院議員(35・大阪19区)が、北方領土へのビザなし交流訪問団に同行していた11日夜、国後島の宿舎で酒に酔い、元島民の大塚小弥太団長(89)に、「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」と質問したり、大声で騒いだりしたことが、昨日13日、訪問団への取材でわかりました。

団員の一部が、発言と行動について、丸山氏に抗議し、丸山氏は騒いだことについては謝罪したそうです。11日夜、丸山氏は、「ロシアが混乱しているときに取り返すのはオッケーですか」、「戦争をしないとどうしようもなくないですか」などと質問し、大塚氏は「戦争なんて言葉は使いたくない」と返答した、ということです。

それでも丸山氏は、戦争しないとどうしようもないという発言を繰り返し、その後も大声で議論を続け、決まりに反して友好の家の敷地から出ようとしたとのこと。丸山氏は、衆院の沖縄北方特別委員を務めています。国会議員の失言が、しばしば報じられますが、「戦争をする」という発言は、極めて悪質で、許せないと思います。

丸山氏は、これまでも、日本の核武装について「今後の国際情勢によっては検討すべきだ」などと、過激な発言を繰り返しています。丸山氏は、今日、日本維新の会に離党届を提出しました。離党ですむ話ではなく、議員辞職すべきです。日本維新の会代表の松井一郎大阪市長も「国会議員として一線を越えた発言。元島民、国民に不快な思いをさせ心からお詫びを申し上げたい。議員辞職を促し、党として除名処分にする」という考えを、今日、明らかにしています。

当然の対応だと思います。平成の30年間、あれだけ戦地を巡り、「平和」のための発言・行動をしてこられた、現在の上皇・上皇后のお二人のあり方からも何も学んでいない、こんな人が国会議員を続けてもらっては困ります。

あわせて読みたい

「丸山穂高」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    矢沢永吉に苦情 不謹慎探す社会

    常見陽平

  2. 2

    河野氏 荒川氾濫なら500万人影響

    河野太郎

  3. 3

    萌えキャラで献血PRは問題あるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    体に悪い? 意外なファストフード

    諌山裕

  5. 5

    荒れた日韓関係と無縁のラグビー

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    韓国選手負傷でラグビー日本奮起

    NEWSポストセブン

  7. 7

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  8. 8

    高尾山の台風被害 迷惑登山客も

    清水駿貴

  9. 9

    イジメ教師 後輩に性行為強要か

    文春オンライン

  10. 10

    ヒカキン自宅に撮影警告の張り紙

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。