記事

女性天皇容認論、皇族以外の「男系男子」リストアップ必要か

「愛子さまを天皇に」待望論が再燃(撮影/五十嵐美弥)

「女性天皇容認」で変わる皇位継承順位

 新天皇のご即位にあわせて、にわかに注目されているのが、「女性天皇容認」に関する議論だ。

【図】丸わかり!「女性天皇容認」で変わる皇位継承順位

 皇位継承の規則を定める皇室典範の第一条には、《皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する》と記される。「男系の男子」とは、父方が天皇の血筋をひく男性のことだ。このルールでは、現在、皇位継承資格を有するのは、継承順位順に【1】秋篠宮さま、【2】悠仁さま、【3】常陸宮さまのたった3人に限られ、安定的な皇位継承において危機的な状況だと言われているのだ。

 そんななか浮上しているのが「女性天皇」待望論。令和時代が始まった直後の5月1、2日に共同通信が実施した緊急世論調査では、皇室典範で「男系男子」に限るとした皇位継承をめぐり、女性天皇を認めることの賛否を尋ねた結果、「賛成」が79.6%で、「反対」の13.3%を大きく上回った。実際に「女性天皇容認」となれば、皇位継承をめぐる風景はガラリと変わる。

 長子優先で女性天皇を認めるよう皇室典範が改正されると、皇位継承順位は【1】愛子さま、【2】秋篠宮さま、【3】眞子さま、【4】佳子さま、【5】悠仁さま、【6】常陸宮さま、【7】彬子さま、【8】瑶子さま、【9】承子さまと変わる。皇室ジャーナリストが指摘する。

「愛子さまが秋篠宮さま、悠仁さまを抑えて皇位継承順位の筆頭となります。つまり、『愛子皇太子』の誕生です。また、女性天皇を認めることで継承資格を有する人数が現行ルール上の3人から9人に増えるため、皇統が断絶するリスクを回避できます」

 ただしその場合、新たな問題が浮上する。それは、愛子天皇の「次に誰が天皇となるのか」ということだ。ここで注意したいのは、「女性天皇」と「女系天皇」の違いだ。

 女性天皇は文字通り女性の天皇だが、女系天皇は「母方だけに天皇の血筋をひく天皇」を指す。仮に愛子天皇が即位すれば「男系の女性天皇」となるが、愛子天皇が民間人と結婚して生まれた子供が皇位を継承すると、誕生するのは「女系天皇」となる。

 女系天皇については、天皇の血を男性から継ぐことを最重要とする保守派を中心に「万世一系を崩す」との反発があり、「女性天皇は認めるが、女系天皇は認めない」との意見も根強い。

 日本の歴史上、女系天皇が即位したケースはないとされ、8人・10例あった女性天皇はすべて、いわば“ワンポイント・リリーフ”として登場した男系の女性天皇だった。

 それゆえ、愛子天皇が誕生した場合、「お世継ぎ」が否応なしに問題となる。その難問を解決するためにしばしば提唱されるのが、「愛子さまが天皇家の血をひく男子と結婚される」という方法だ。

「終戦後の1947年、東久邇、竹田、久邇など天皇の血をひく11宮家、51人が皇籍を離脱しました。その末裔の男系男子が愛子さまの夫になれば、生まれてくる子供は『男系』になるという方法です。

 実際、旧宮家である旧賀陽宮(かやのみや)家や旧東久邇宮(ひがしくにのみや)家には愛子さまと近い世代の20代以下の独身男系男子が6人いると報じられました。学習院や慶應の学生や卒業生であり、育ちも立派な方々ばかりです」(別の皇室ジャーナリスト)

『誤解だらけの皇位継承の真実』(イースト新書)などの著書がある評論家の八幡和郎さんは、「女性皇族のご結婚相手となり得る男系男子の選択肢をさらに広げるべき」と指摘する。

「旧宮家だけでなく、江戸時代から戦前にかけて皇室離脱した方々の男系の末裔まで含めると、皇族以外の男系男子は100人を超えるはずです。宮内庁はこの方々を早急にリストアップするべきでしょう。

 もちろん、結婚は本人の意思によるものですので押しつけることはできません。女性皇族と男系男子が自然な形でお近づきになれるように、パーティーを開いたり、海外訪問の際の随行メンバーにするなど、きっかけを作る工夫が必要でしょう」

◆「タイミングとしてはそこしかない」

 こうして、愛子さまが女性天皇となる可能性が生じた。しかし、将来民間人となるか天皇となるかで、愛子さまの心身に与える影響が大きく異なることは言うまでもない。

「現在、高校生である愛子さまにとって、将来の身の上がどうなるかわからない曖昧な状況は非常につらいことと察せられます。愛子さまが成人されるあと3年以内がひとつの目処という声も聞かれます。女性天皇に慎重派の安倍晋三総理も2021年で任期が切れるので、タイミングとしてはそこしかない」(政府関係者)

 世論が女性天皇の誕生を歓迎し、政府と宮内庁がそれに向けた準備を着々と進めたとする。しかし、そこで、ひとり複雑な思いを抱かれるのは、新皇后となった雅子さまではないだろうか。

「抜群のキャリアがあり、新時代の国際親善を期待されて皇太子妃となられた雅子さまですが、特にお世継ぎ問題では筆舌に尽くしがたい苦悩を経験され、心身のバランスを崩されることがありました。

 それなのに、ご自身が体験された以上に重圧がかかる天皇の位に愛子さまがつく可能性が出てきたことに、内心複雑な思いでいられるのではないでしょうか。もちろん、皇后のお立場としては皇統の継承を第一に考えておられるでしょう。ですが、ひとりの母親としてはわが子の将来を心配することは避けられないと思います」(宮内庁関係者)

 皇室制度は、国民の支持とともに、時代に沿ってフレキシブルに変化するものだ。それは、自ら希望を述べられることで生前退位を実現された上皇陛下が体現された。

「皇室典範の議論となると、皇族方はいつも蚊帳の外です。憲法上の制約があるのでいたしかたないのですが、もし愛子皇太子を議論の俎上に載せるのならば、ご両親である両陛下のお気持ち、ご意向をうかがう機会が設けられてもいいのではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

 即位を祝う一般参賀で笑顔を見せられた雅子さま。朗らかな表情が末永く続くことを多くの国民が願っている。

※女性セブン2019年5月23日号

あわせて読みたい

「皇位継承問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  4. 4

    堀江氏の恋愛論 ケチはモテない

    GOETHE[ゲーテ]

  5. 5

    水沢アリーが暴露したTV業界の闇

    NEWSポストセブン

  6. 6

    糖質制限をめぐる異なる説に困惑

    諌山裕

  7. 7

    「面接大喜利」得意な学生は淘汰

    シェアーズカフェ・オンライン

  8. 8

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  9. 9

    老人より事故多い若者 対策急げ

    毒蝮三太夫

  10. 10

    丸山議員「絶対に辞められない」

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。