記事

丸山穂高は青いだけだ

丸山穂高衆院議員が北方領土を取り返すには戦争しかないのではと、元住民に問うたらしい。
酒の席でのことだったらしいが、本音ではあるのだろう。

これがやけに批判されているが、批判の主旨は政治家が「戦争」という言葉を口にしてはいけないとか、「戦争」したいと思っているとは何事かとか、単なる平和主義の戦争アレルギーだけの批判ならば、無意味である。

ロシアが、話し合い・外交交渉だけで北方領土を手放すとは、とても思えない。
批判をするなら「代替案」を提示しなければならない。
「代替案」もなく、戦争だけはダメと批判するだけの人たちは、北方領土が戻って来なくてもしょうがないと考えているだけなのだろう。
もう諦めているのだ。

一方、丸山穂高が「戦争で取り返すしかない」と本気で思っているのなら、やはり政治家が口にすべきではない。
アメリカの「属国」でしかない日本は、戦争という解決策を持たない。
アメリカが日本のためにロシアと戦争してくれるはずもない。

そして「外交・話し合い」のバックには、武力という威嚇がなければ、何の効果もないということも承知しておかなければならない。
政治の延長に戦争があるのは、クラウゼビッツを知っていれば常識である。

あわせて読みたい

「丸山穂高」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。