記事

北方領土を戦争(武力)で取り戻す! この発想は丸山穂高議員だけではないでしょ

丸山穂高氏は、飲酒による大失態、北方領土の元島民たちに島を取り戻すために「戦争」という言葉を使ったそうです。

維新・丸山氏、国後島で「戦争しないと」 その後に撤回」(朝日新聞2019年5月14日)
「丸山議員が元国後島民の大塚小彌太団長(89)に「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」などと大声で質問。団長が「戦争はすべきではない」と答えたが、戦争しないとどうしようもないとの発言を返した。」
 言われた方が不愉快ですよね。現実に戦争なんかするはずもなければ、実際に戦争になれば多くの人命が失われることになるのですから。

 とはいえ、もはや北方領土が返還される見込みがないというのも事実。
 色丹、歯舞限定であれば可能性はあるとは思いますが、北方四島が戻ってくる可能性はゼロ。もういい加減に現実を受け入れるときです。

ロシアとの領土交渉が行き詰まった 成果にはやる安倍氏にはやっぱり無理だった 日本の主張に説得力がないからね

 アジア・太平洋戦争に敗れた日本が千島列島をソビエトに割譲した、そこには当然のことながら択捉、国後も含まれていますよ、ということです。

 そのようなものを返してくれと言って返してくれるはずがないでしょ。
 武力により奪還するか、大金(いくら?)を払って買い取るくらいの選択肢しかありません。ロシアが売ってくれる可能性もゼロでしょうけれど。
 だからこそ現実を受け入れるべきなのです。

 丸山氏の発言は突拍子もないもの?

 というより現実に返還させることなど無理ということを別の角度から言ったらこうなるということなのでしょうが、これと同じ発想なのが「日本が侵略されたどうする」論です。

 違憲立法の安保関連法を審議しているときも盛んに言われました。
 尖閣が占領されたらどうする、竹島、「南」千島も占領されたぞ、というお決まりの主張です。日本が今の時代に侵略されるわけもないでしょ、と言うと決まって持ち出される例え話がこれなのです。

 ならば、武力侵攻されたんだから、日本も武力侵攻して奪還しますか?

ライラック③
2019年5月14日撮影

 尖閣も同じです。今は日本が実効支配しています。しかし、中国が武力占領することは簡単です。武装兵士を尖閣に降下させるだけで済むからです。

 さて、そのとき日本は?
 奪還のために自衛隊を差し向けますか?
竹島、尖閣問題 さて、憲法9条「改正」派の真意は?

 そのための安保関連法なんでしょ?
 今、武力占領されている竹島も色丹、歯舞も同じでは?

 日本が侵略されるなんていうことを言っている人たちの発想って、この丸山議員の発想と一緒。
 頭の中には戦争しかないんでしょうね。
 戦争だなんて叫んでいる人たちは信用できませんね。

 ところで酒の失敗についてはよくよく反省しましょう。酒は麻薬と同じです。

あわせて読みたい

「丸山穂高」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  3. 3

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  4. 4

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  6. 6

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  7. 7

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  8. 8

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  9. 9

    巨人上原の遅すぎる引退に違和感

    幻冬舎plus

  10. 10

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。