記事

松岡修造「根拠や理論に裏打ちされていない根性論が一番嫌い」【滝川クリステル対談】

1/2

常に本気の姿勢でアスリートの内面を伝える松岡修造さん。常にポジティブな挑戦の裏には、いつも弱さがあったという。人の心を一歩前に導く生き方とは?

99パーセントマイナスから考える

滝川 松岡さんとは全仏オープンで何度もお会いしていますが、こうしてお話をうかがうのは初めてですね。今日はテニスやオリンピックのことなど、いろいろ聞かせてください。

松岡 僕は質問されることに向いていないんです。だから今日は僕が質問します。テニスはいつからやっているんですか?

滝川 ええ(笑)? 小さい頃から家族で……。

松岡 フランスは日々の生活のなかにテニスが溶けこんでいますよね。全仏オープンの見方も日本とは違って、お祭り的な要素が強いというか。そういう文化を肌で知っている滝川さんが全仏をレポートしてくれるのは、日本テニス界にとっても本当にいいことなんですよ。

滝川 ありがとうございます……ってそうではなくて、私に質問させてください。

松岡 僕のことはいいんです。

滝川 よくないです(笑)。まずおたずねしたかったのですが、松岡さんというとポジティブで熱血なイメージがあると思うんです。でも著書の『弱さをさらけだす勇気』には、かなりネガティブだと。


「『弱さは魅力』という松岡さんの言葉がとっても素敵です」(滝川)。「弱さがあるからこそ僕が応援できる余地がありますから」(松岡)。

松岡 超ネガティブですよ。自分事に関しては、99パーセント、マイナスの想定から入ります。

滝川 そこまでですか?

松岡 自信がないから優柔不断だし、積極的になれないので、苦労しました。19歳からいろいろな国のメンタルコーチにつき、決断力や自己肯定感を養うトレーニングをして、ネガティブな考えと逆の態度や言葉を口にしながらなんとかコートに立っていたんです。「できる」や「大丈夫」といったポジティブワードを集めた『まいにち、修造!』という日めくりカレンダーを出しましたが、あれは全部、僕自身に言っていた言葉なんですよ。

滝川 かなりのベストセラーになりましたよね。元気が出る、って。でも松岡さん、結果も出しているのに、意外でした。

松岡 結果こそ出せたものの「才能ない」とずっと言われていたし、自分でもわかっていましたから。現役を卒業してから、指導以外でラケットを握りたいと思ったことは一度もないです。でも今やっている、人を応援したり励ましたりする才能はあると思う。自分で言うのもなんですが、そこは自信がありますね。

滝川 プレイヤー時代は辛かったことばかりですか?

松岡 辛いというわけではないけれど……間違いだらけでした。ものすごく視野が狭くて、まじめすぎたというか。常にミスを恐れて、チャンスボールも怖かった。それでも続けていたのは、純粋にテニスが好きで、強くなりたいという想いが勝っていたからだと思います。1995年にウィンブルドンのセンターコートに立てた時、僕より才能のある日本人選手はたくさんいたにもかかわらずランキング100位以内に日本人の名前はありませんでした。誰も世界で戦う方法論を知らなかったんです。

滝川 今とはまるで状況が違いますよね。松岡さんが前例を作ってくれたからこそ、世界が遠いものではなくなった。

松岡 僕自身、すべて手探りでむちゃくちゃ遠回りしました。無名の日本人は練習相手にもなってもらえないし、親にプロ転向を反対されていたので、スポンサーがつくまではお金もなく。でも僕が経験から学んだ方法論や理論を幼少期から実践すれば、日本人でも確実に100位以内に入れると思い、セカンド・ドリームはジュニア選手の育成に力を入れようと決めたんです。

滝川 育成プロジェクトの「修造チャレンジ」も情熱的なイメージが先行しますが、論理的に組み立てられた方法論で展開されているということですね。

松岡 そうですね。テレビでは泣きながら走っているジュニアに追いこみをかけるような場面がピックアップされがちですが、メンタルトレーナーと相談しながら、その子の性格や家庭環境なども考慮してかなり計算をしたうえで行っています。具体的な方法論がないまま「がんばれ」と言うだけで、できるわけない。根拠や理論に裏打ちされていない根性論は一番嫌いです。

あわせて読みたい

「松岡修造」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    災害時リスク高いタワマンの欠点

    tokyo editor

  2. 2

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  3. 3

    ホームレス拒否への批判に疑問

    永江一石

  4. 4

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  5. 5

    韓国法相辞任 反日弱まる可能性

    文春オンライン

  6. 6

    災害報道 L字枠消す民放に違和感

    池本孝慈

  7. 7

    グラドル保育士が破壊するモラル

    田中俊英

  8. 8

    台風19号 タワマン断水続き悲鳴

    文春オンライン

  9. 9

    韓国紙 在韓米軍巡り文氏に異論

    WEDGE Infinity

  10. 10

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。