記事

国際通信と日本の遅れ

海外に旅行する機会が多くなった。しかもネットの時代である。良いとは思わないのだが、海外に旅行していても日本から連絡される。ニュースはみたい。Wi-Fiの使えるホテルや場所が多くなったといっても、所かまわず(って変な表現か)連絡できるわけでない。

国内と同様、どこでも携帯を使えるようにしたい。そういう目で海外旅行者を見ていると、多くの観光客は平気な顔で携帯を見ながら歩いている。どうしているのか。恐ろしく高い料金を払っているとは思えないし。

大学の経費で海外に出かけるとき、「イモトのWi-Fi」を勧められた。値段を見ると、1日3000円もしくはそれ以上する。アホらしい。それならホテルのWi-Fiで我慢することだと思った。

位置情報(歩行者ナビ)が欲しいとすれば、多少不満な点があるものの、Googleマップを事前にダウンロードしたうえでGPSを使えばいい。町を歩くくらいは大丈夫だ。

イモトのWi-Fiではないが、いつでも通話や検索がしたいとすれば、どうするのか。現地に着いて、そこのSIMカードを買うのが一番らしい(買ったことがない)。現地の空港で買うとしても、その店を探すのと、探した後の手続きが大変そうである。

そこで、検索したところ、今はネットで現地のSIMカードが売られている。それも、「えらく安い」とは思わないものの、ヨーロッパなどでは、15日間有効、容量も通常の使い方なら十分なプリペイドのSIMカードが1000円くらいである。

さらに、100国以上で使える端末(いつでも自由に使える自分用の端末)が2万円少しで手に入る(もちろん通信料は別払い)。香港の企業であることに少し抵抗感があるものの、海外によく行くのならこの端末を買うことだと思った。

このような世界の現状を知るにつけ、日本の通信制度の保守性を感じる。どのような利便性を日本の居住者に提供できているのか。

通信会社は半独占をいいことに、顧客の満足ではなく単純に儲けるためにサービスを提供しているとしか思えない。儲けなくていいとは言わないものの、何が契約者の役に立つのか、便利さを提供できるのか、それを基準に経営するのが本筋ではないのか。

企業に対してソーシャルな、社会に貢献する活動が求められている。国連のSDGs(持続可能な開発目標)に賛成の声を上げ、背広に大きくカラフルなバッジを付けるだけが能ではない。もっと本質的に行動すべきことがあるはず。その一例が国際通信である。

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  3. 3

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  4. 4

    立ち食いやきそば コロナで閉店

    田野幸伸

  5. 5

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  6. 6

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  7. 7

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  8. 8

    秋篠宮さまにみる結婚反対の本音

    女性自身

  9. 9

    無策の菅政権「日本危なくなる」

    畠山和也

  10. 10

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。