記事

アップルのアプリ訴訟、米最高裁が継続支持 消費者「過剰負担」


[ワシントン 13日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が端末向けアプリを同社のオンライン店舗での販売に限定し、売り上げの3割を手数料として徴収するのは独占禁止法(反トラスト法)に違反するとして、消費者らが集団で同社を相手取り起こした訴訟で、米最高裁は13日、原告の請求は無効だとするアップルの主張を退け、裁判の継続を支持する判断を示した。

判決は賛成5、反対4。アップルは、アプリ価格を設定し手数料を支払うのは開発者であり、同社は開発者と消費者の仲介役を果たしているに過ぎないと指摘。裁判の継続は電子商取引(eコマース)市場を阻害しかねないと主張した。これに対し原告団は、手数料を負担しているのは開発者ではなく消費者であり、消費者こそ過剰な負担を強いられているとした。

アップルによると、開発者側の2017年の収益は260億ドル超と、16年から3割増加している。株価は5%安の187ドル。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  3. 3

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  4. 4

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  5. 5

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

  6. 6

    大相撲「トランプ杯」授与に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    HUAWEI利用者 切り替えの検討も

    ロイター

  8. 8

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  9. 9

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  10. 10

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。