記事

「アンネの日記」新版発刊、本人が望んだ内容に一段と近く


[ベルリン 10日 ロイター] - ユダヤ人の少女アンネ・フランクがナチスの強制収容所に送られる前の日記が、未完成の原稿により近い形の新版として11日に出版される。

アンネは第二次大戦中、ナチスの迫害を逃れてオランダのアムステルダムの隠れ家で家族とともに暮らしていたが、1944年に見つかり、45年にベルゲン・ベルゼン強制収容所で死去した。15歳だった。

日記の初版はアンネの死去から2年後に出版され、75年を経た現在も世界で読まれている。

ナチスによるユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)の生存者で、フランク一家を知るローリーン・ヌスバウムさん(91)は、ベルリンで行われた出版発表の際ロイターテレビに対し、今回の新版はアンネが当初発行を望んだ内容だと述べた。ヌスバウムさんは、一家がアムステルダムに住んでいた時期に交流があり、アンネとは近しい友達ではなかったものの1941年に一緒に劇の練習をしたという。

アンネは、2つの日記を残している。1つはオリジナルの内容で、もう1つは、戦争記録のために日記やその他の文書が収集されるという計画を知った後に作成した修正版だ。

ヌスバウムさんによると、1947年以降に出版されたものはアンネの父親が作成したもので「オリジナル版と修正版の内容が混じっている」という。

新版のタイトルは、架空の友人に向けた「Liebe Kitty(親愛なるキティーへ)」となっており、ドイツ、オーストリアとスイスで発行される。

一家が住んだ隠れ家を利用した博物館「アンネ・フランクの家」は、「作家になりたかった少女」の未完の直筆原稿であり、本人による「創造的・文学的な選択」と説明。「読み手をアンネに一段と近づけるものとなった」としている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  2. 2

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  7. 7

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  8. 8

    片山さつき氏 ブルーインパルス写真を“捏造”?著作権侵害を指摘の声も

    女性自身

    07月26日 11:15

  9. 9

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  10. 10

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。