記事

拳銃所持に覚せい剤 2度逮捕された映画監督が法廷で語った映画のような本当の話

1/2

令和からBLOGOSで連載を始める裁判傍聴芸人の阿曽山大噴火です。東京高裁で毎日裁判の傍聴をしていると色々な人間を見ます。今回、取り上げるのは映画監督の豊田利晃容疑者。4月18日に拳銃を所持していたとして、銃刀法違反容疑で逮捕されました。

又吉直樹原作の映画「火花」の脚本も手がけた映画監督、豊田利晃容疑者(50)が逮捕された拳銃所持事件で、仰天の真相が発覚した。豊田容疑者が所持していた拳銃は実は父親の形見だったというのだ。
豊田容疑者は東京都狛江市の自宅でリボルバー式の拳銃1丁を所持していたとして、銃刀法違反容疑で今月18日、静岡県警三島署と厚生労働省東海北陸厚生局麻薬取締部に逮捕された。

https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190425/ent1904250006-n1.html

なぜ豊田容疑者の父親が拳銃を所持していたのかは不明ですが、回転式拳銃1丁所持というのは銃刀法違反でもかなり珍しい。日本に拳銃は存在していないはずなんですけど持っていたわけですからね。認否がはっきりしていないんです。

どうやら麻取が捜査している時に「豊田っていうやつが麻薬をやっているんじゃないか」なのか「拳銃を持ってるらしいぞ」なのか分からないですが、情報が入って調べたら拳銃が出てきたというのが報道のところです。

調べてみたら豊田容疑者って去年「PLANETIST」というドキュメンタリー映画を撮っていて。今年公開予定だったんです。小笠原諸島で暮らすレジェンドサーファーを追いかけた作品でした。

「PLANETIST」は“東洋のガラパゴス”と呼ばれる東京・小笠原諸島を舞台とする作品。自然とともに生きるサーファー・宮川典継が、小笠原諸島へやって来た人々の想像力を解き放っていく様子が捉えられている。

https://natalie.mu/eiga/news/288530

映画の主演俳優も大麻で逮捕


ナレーションが小泉今日子さんで、窪塚洋介さんとか元BLANKEY JET CITYの中村達也さんが出るドキュメンタリーが2019年に上映だったんです。それが今回監督を務めた豊田容疑者が逮捕されてしまった。しかもその2ヶ月前、主演の宮川典継容疑者も大麻取締法違反(譲受)の疑いで逮捕されてしまったんです。

この人が捕まったから「あの監督もじゃない?」みたいなことなのか。ここはもう推測でしかないですけどね。ドキュメンタリー映画で主演と監督の2人が捕まるという珍しいパターンなんですよ。よく作品に罪はないって言いますけど、これはなかなか(笑)。

監督と主演が捕まっていると公開は厳しそうですよね。この辺のルートから話がいって拳銃が出てきたのではないかと。

しかも、豊田容疑者が最近監督を務めた「泣き虫しょったんの奇跡」という実在する棋士・瀬川晶司の自伝を映画化したものがあるのですが、この映画のDVD化が新井浩文被告が出演しているということで延期になって、その間に監督の豊田容疑者が捕まるという。

しかも地方ではまだ上映されていたんです。それが今回の豊田容疑者の逮捕で、地方での上映も全て中止。映画のホームページを見たら劇場情報は「表示しておりません」になってます。(現在の表示は以下)

「泣き虫しょったんの奇跡」公式サイト

公開予定だったドキュメンタリー映画「PLANETIST」もホームページそのものが無くなっている。

プラネティスト製作委員会

豊田容疑者は2005年にも覚せい剤で逮捕されていた


さらに豊田容疑者が逮捕されたのは、今回が初めてではないんです。2005年に覚せい剤で逮捕されていました。この2005年の薬物事件の裁判を私、傍聴していたんです。傍聴席にいたのはわずか4人でした。4人だけって聞くと、映画監督として無名だったのかなって思うかもしれないですけど、この時もすごかったんですよ。

この頃、豊田容疑者が撮っていた作品が小泉今日子さん主演の「空中庭園」。角田光代さん原作で、國村隼さん、瑛太さん、板尾創路さんと錚々たる顔ぶれが出演しています。

それなのに映画が公開される2〜3ヶ月前に捕まっているんです。当時、公開どうなるの?って結構話題にはなったんですが、この時は上映中止にはなっていなくて、映画館の規模を縮小しての公開。14年前の2005年って覚せい剤に対してこういう感じだったんですよ。

「青い春」(01年)などで知られる若手実力派映画監督の豊田利晃容疑者(36)が覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕されていたことが25日、分かった。10月上旬公開予定の最新作「空中庭園」は直木賞作家角田光代氏の小説が原作で、小泉今日子が4年ぶりに映画主演したことで話題になっているが、最悪の場合、公開中止の可能性も出てきた。

2005.08.26 日刊スポーツ

自宅に覚せい剤が5袋あって、警視庁にタレコミが入った。4人しか傍聴していない裁判だったんですが、記者がいなかったのでほとんど報道されていないんですね。ニュースでは覚せい剤5袋、2.8グラムだったんですけど、それ以外にMDMAも持っていた。なので麻薬及び向精神薬取締法でも起訴されていると。

今回の逮捕で「覚せい剤で有罪になった過去がある」と書いてあるんですけど、実はもう1つの罪でも有罪になっている。豊田容疑者は占有離脱物横領の前歴2件ってあるんです。前歴って起訴されてないけど刑事手続きに関与したというもので、自転車を盗んだといったようなものかもしれません。

あわせて読みたい

「薬物」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  3. 3

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  4. 4

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  6. 6

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  7. 7

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  8. 8

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  9. 9

    巨人上原の遅すぎる引退に違和感

    幻冬舎plus

  10. 10

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。