記事

イラン、米国との対立激化ならイスラエル攻撃も=イスラエル閣僚


[エルサレム 12日 ロイター] - イスラエルのシュタイニッツ・エネルギー相は12日、イランと米国の対立が激化した場合、イランがイスラエルに対し、直接的あるいは支援する武装勢力を介して攻撃を仕掛ける可能性があると言明した。

米国はイランに対する経済・軍事面での圧力を強めており、トランプ大統領は9日、イランに核放棄に向けた交渉の席に着くようあらためて促すと同時に、軍事衝突の可能性を排除しないと語った。

イスラエルのネタニヤフ政権はトランプ氏のイランに対する強硬姿勢を支持する立場だが、足元の緊張の高まりについてはこれまでコメントを控えてきた。

ただ、シュタイニッツ・エネルギー相はペルシャ湾岸地域の「情勢が緊迫化している」と指摘。「イランと米国の間やイランと近隣諸国の間で何らかの衝突が起きれば、イランが(パレスチナ自治区)ガザで(武装組織)ヒズボラやイスラム聖戦の動きを活発化させるか、イランからイスラエルに向けミサイル発射を試みる可能性は否定できない」と述べた。

ヒズボラはイランの支援を受けてシリアやレバノンで活動する武装組織で、イスラム聖戦は同じくイランの支援を受けてパレスチナで活動している。

イスラエル軍はイランと米国の対立に絡む軍事的な脅威に備えて態勢を整えているかとの質問には、コメントを差し控えた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  3. 3

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  4. 4

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  5. 5

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  6. 6

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  7. 7

    岸田が落胆「自民党調査」が示した「マイナス50議席」危機

    新潮社フォーサイト

    10月21日 10:56

  8. 8

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  9. 9

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  10. 10

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。