記事

"女は数学が苦手"は科学的に間違いである

「女性は数学が苦手」「女性はマルチタスクが得意」「女性は論理的思考で男性に劣る」……。どれも科学的に証明されているわけではありません。怖いのは、これらの思い込みによって本来は能力があるにもかかわらず、本当にそうなってしまうことがあるということ。脳を研究する認知神経科学者細田千尋先生は、「男脳」「女脳」といった観点でものを見ることは、社会的にも科学的にも間違っていると指摘する――。

■思い込みが男女の能力差をつくる

「数学が苦手」と感じている女性の方は多いのではないでしょうか。しかし、それはステレオタイプによって作られた思い込みだったかもしれません。「女性は数学が苦手」などのステレオタイプによって、本来ならそんなことはないのに本当にそうなってしまうことを「ステレオタイプ脅威」と言います。この影響を受ける可能性が高いのは、ステレオタイプの対象となる集団に強く自己同一化している人たちと言われています。

例えば、世界的な傾向として、高校までの数学の成績分布では、一般的な難易度の問題では性差は認められないのですが(図表1)、難易度の高い問題では性差が出てきます。そして、ステレオタイプ脅威の影響が出やすいのも、特に難易度の高い問題を課した場合であるとも言われています。

一般的な数学の問題では、成績の男女差はない(出典=Alana Unfried et al, 2014)

■「ジェンダー・ギャップ指数」も影響する

※写真はイメージです(写真=iStock.com/alphaspirit)

また、数学オリンピックやチェス、将棋などのボードゲームでのトップレベルの集団に女性の割合が少ないことも、男女の能力差を連想させる一因になっています。これらは、女性の児童期からのボードゲームとの接点の少なさや、その国のジェンダー・ギャップ指数(世界経済フォーラムが発表している男女格差の度合いを示す指数)と関連していることも報告されています(批判的な見解も存在します)。

つまり、女性に与えられるさまざまな機会が乏しかったり、社会からのステレオタイプ脅威があったりすると、たとえ潜在的な能力が高かったとしてもトップレベルでの活躍ができなくなる可能性があるのです。

■「男脳・女脳」という言葉がもたらす害

このようなステレオタイプの一例に「男脳・女脳」という言葉があるのかもしれません。

恋人や夫婦などの深い関係から、職場の上司や部下といった社会的関係まで、異性との関わりは避けては通れないものであり、異性のことを理解したい、うまく関係を構築したいというのは多くの人の願望だと思います。

しかし、実際にはなかなか理解できず、悩んでしまう。そのような時に、私たちヒトは、理解できないことで起こる心の葛藤に対して、“もっともらしい理屈”をつけて、自分が理解出来ないということを正当化したくなります。

これを「合理化」と言います。「男脳・女脳」という言葉は、「脳の違い」という一見科学的でもっともらしい理屈によって、自分が理解できないことを合理化しようとしていることの表れとして広まったのかもしれません。

■男脳・女脳は存在しない

では、「男脳・女脳」は本当にあるのでしょうか。

そもそも、男脳・女脳の根拠となった論文は、1982年に『サイエンス』誌で発表されたもので、男性9人、女性5人の脳梁の太さを測ったら、女性のほうが太かったというものでした。

しかし、現在の研究の中で主流の考え方は、「男脳、女脳はない」です。

その考え方のベースの一つになっている研究では、13~85歳までの1400人から集めた脳スキャンデータを用いて男女の脳構造差を調査しています。その結果、全体で見たときには、脳の中でわずかな領域に性差が見つかりました。

ところが、個人ごとの脳を見たところ、一人ひとりの脳は、男性に特徴的、女性に特徴的と言われるものが組み合わさったモザイク状の脳になっていて、男/女に特徴的と言われるものを全て持っていたのは、数パーセントの人のみでした。

例えば、街を見たときに、なんとなく街ごとの特徴というものを感じることがあると思います。ところが、その街の一軒一軒の家を見ても、その街の特徴を見つけるのは難しい。完全にその町の特徴を全て満たしているような家もある一方で、多くは、その街の特徴とその他の街でもみられる特徴がそれぞれに特有のバランスで入り交じっています。

同じように、確かに脳構造も全体でみると性差が見られますが、個人それぞれの脳を、男脳・女脳とどちらかに完全に分類する事は困難なのです。

■“女性は細やか”で“男性は車好き”なのか?

では、その全体的に見たときの脳の構造的な性差は、どんな意味を持つのでしょうか? 実は、その答えは明確ではありません。メディア等でよく言われる、「脳梁の大きさが男女で違うからマルチタスクは女性が得意」ということも証明されていませんし、実際に、5500人を調査した結果、女性は細やかでクリーンである、男性は車とスポーツが好き、といったステレオタイプ(と言われている)を示す人は、0.1%という研究結果もあります。

最近では、発達障害などにおける脳の違いの研究から、「ニューロダイバーシティー」(脳の多様性)という考え方が提唱されています。脳は、ジェンダーなどで簡単に二分されるものではなく、多様性をもつものなのだという理解が、これからはとても重要になるでしょう。

■ジェンダーレスな未来へ

「男脳・女脳があるから数学や論理的思考で女性は男性に劣る」ということも、「マルチタスクや言語学習で、女性より男性が劣る」ということもありません。

もしかしたら私たちは、異性のことを理解しようとするがあまり、あるいは、苦手なことの言い訳を探そうとするがあまり、男脳・女脳などという言葉に耳を傾けてきたのかもしれません。これは、ステレオタイプ脅威にもつながり、社会的にも科学的にも間違っています。夫婦間、恋人間でもそのような誤った認識(偏見)の基に相手を理解しようとすることは、良い関係性を構築していくためには、不適切と言えるでしょう。

男脳・女脳という伝説にとらわれて、勉強・仕事・恋愛などさまざまな分野における無限の可能性を潰してしまわないよう、良い意味でのジェンダーレスな未来が来ることを脳の研究をする女性として願います。

参考文献

・DeLacoste-Utamsing,C. & Holloway, R. L.(1982)."Sexual dimorphism in the human corpus callosum". Science.

・Joel D et al, (2015). "Sex beyond the genitalia: The human brain mosaic", Proc Natl Acad Sci. 112(50):15468-73

・Chabris, C. F., & Glickman, M. E. (2006). "Sex differences in intellectual performance: Analysis of a large cohort of competitive chess players". Psychological Science, 17, 1040-1046

・Joel, D. & Fausto-Sterling.(2016). "Beyond sex differences: new approaches for thinking about variation in brain structure and function". Philos Trans R Soc Lond B Biol Sci. 371(1688):20150451.

・Bishop, K. M. & Wahlsten, D.(1997)."Sex Differences in the Human Corpus Callosum: Myth or Reality?" Neuroscience and Biobehavioral Reviews, 21, 581-601.

・Hyde, J. S., & Mertz, J. E. (2009). "Gender, culture, and mathematics performance". Proceedings of the National Academy of Sciences, 106, 8801-8807.

・Nguyen, H.-H. D., & Ryan, A. M. (2008). "Does stereotype threat affect test performance of minorities and women? A meta-analysis of experimental evidence". Journal of Applied Psychology, 93, 1314-1334.

(博士(医学) 細田 千尋 写真=iStock.com)

あわせて読みたい

「女性」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  3. 3

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

  4. 4

    違和感? ユニクロ社長の日本喝破

    文春オンライン

  5. 5

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    ブラックな外食業界の歪んだ美学

    幻冬舎plus

  7. 7

    札幌開催へ IOCへの反発はやめよ

    早川忠孝

  8. 8

    いじめ教師の謝罪文に非難相次ぐ

    女性自身

  9. 9

    張本氏の放言を許さぬ風潮に疑問

    中川 淳一郎

  10. 10

    自民党を助ける対案なき万年野党

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。