記事

南アフリカ選挙―人種対立が鮮明でも「黒いトランプ」が不発の意味

1/2
  • 南アフリカの選挙で、汚職の絶えないエリート主義的な与党ANCは、逆風にさらされながらも過半数を維持した
  • これに対して、排外主義的な野党、とりわけ黒人至上主義的な第3党EFFは、事前に注目を集めたものの過半数には遠く及ばなかった
  • ただし、その選挙結果は与党ANCが支持されたことを必ずしも意味せず、人種対立の火種はくすぶり続けている

 世界全体で人種や宗教に基づく差別が横行するなか、南アフリカでも「黒人による差別」が広がりつつある。しかし、5月8日に実施された総選挙では差別主義的な政党が大勢を占めるには至らなかった。これは南アフリカ人が、トランプ大統領を選出したアメリカ人より理性的だったことを意味するのだろうか。

万年与党の衰退

 まず、5月8日の南アフリカ総選挙の結果からみていこう。

 この選挙で、与党アフリカ民族会議(ANC)の獲得票は全体の62%から57%にまで減ったものの、過半数を確保することに成功した(総議席数は400)。



 ANCは1994年から与党の座を守ってきたが、今回の選挙では逆風にさらされていた。その最大の要因は、経済停滞にあった。

 資源ブームに沸いた2000年代、とりわけ金やダイヤモンドの産出量は世界屈指の水準にある南アフリカは5%前後の成長率をみせた。豊富な資金力を背景に、この国はアフリカのなかで工業化の水準も高く、ホンダなど自動車メーカーを中心に日本企業も数多く進出している。さらに、2011年にはブラジル、ロシア、インド、中国がメンバーのBRICS会議の正式メンバーにもなり、名実ともに新興国としての地位を確立している。

 しかし、リーマンショック(2008)や資源価格急落(2014)の後、その経済成長には陰りが生まれた。世界銀行の統計によると、2017年の経済成長率は1.3%にとどまり、失業率は公式に確認されているだけで27%にのぼった。もっとも、アフリカ各国の統計の信頼性は低いため、実際の失業率はこれをはるかに上回るとみてよいが、ともあれ経済停滞が与党ANCへの不満の土台になったことは間違いない。

堕落した「解放の闘士」

 これに加えて、はびこる汚職がANC批判を増幅させていた。

 ラマポーザ大統領をはじめ、ANCの主要メンバーはかつて白人による人種隔離政策(アパルトヘイト)に反対し、全人種が等しく権利を保護される民主的な国家として南アフリカを再生させた「解放の闘士」だった。だからこそ、アパルトヘイト廃止以来、ANCは人口の多数派を占める黒人の支持を集め、一貫して与党の座を握ってきた。



 しかし、近年では万年与党の弊害でANC幹部には汚職の噂が絶えない。その象徴は、2017年10月に最高裁がズマ大統領(当時)の就任以前の783件の収賄容疑を認定したことだ。

 その後ズマ氏は失脚し、現在のラマポーザ大統領が就任したものの、人々の生活はほとんど改善しなかった。

 もともと南アフリカは世界でも屈指の格差社会で、社会の平等度を表すジニ係数は0.6を上回り、とりわけ黒人の若年層ほど失業などのリスクにさらされている。解放運動のリーダーだったマンデラは2013年に没した後も伝説的英雄として多くの人々から敬愛されているものの、格差が拡大するなかで腐敗したANCから人心が離れても不思議ではない。

 そのため、今回の選挙は「ANCがどの程度議席を減らすか」が焦点だったのである。

「我々の国境を守れ」

 しかし、フタを開けてみれば、ANCは議席を減らしたものの過半数を維持した。言い換えると、野党が支持されにくかったといえる。

 事前の観測では、汚職にまみれたエリートや経済停滞への批判を掲げ、同時に排外主義を唱える第2党、第3党の動向が注目の的となっていた。

 このうち、第2党の民主同盟(DA)は、全体に占める獲得票の割合を22%から20%に微減させた。

 DAは白人など黒人以外の中間層を主な支持基盤にしており、もともとリベラルな党風が持ち味だった。しかし、近年では「我々の国境を守れ(Secure our borders)」をスローガンに掲げ、不法移民を犯罪やAIDSを蔓延させる元凶として指弾している。

 アフリカからはヨーロッパなどに向けて、難民や不法移民などヒトの移動が増加しているが、南アフリカに限ってみればむしろヒトの流入が目立ち、合法移民だけでも30万人を上回る。先進国がヒトの移動を制限するなか、アフリカのなかで経済水準の高い南アフリカは、難民・不法移民にとってのセカンド・ベストになっているのだ。南アフリカ人より安い賃金で雇用できる外国人を好む企業があることは、これに拍車をかけている。



 その結果、先進国と同じく南アフリカでも経済状況の悪化とともに「外国人嫌い」が頭をもたげてきており、2008年5月には最大都市ヨハネスブルグの移民街が襲撃され、62人が殺害された。こうした暴力事件はその後の10年間で珍しくなくなっている

 こうした背景のもと、万年与党として経済界に近く、移民に寛容だったANCへの批判の受け皿として、DAの排外主義的なスローガンは勢いを増してきたのだ。しかし、結果的にはDAの主張は多くの支持を得られなかったといえる。

あわせて読みたい

「南アフリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

  3. 3

    韓国議員が米有力紙で日本を非難

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  4. 4

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  6. 6

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  7. 7

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    早実 性動画の拡散で大会辞退か

    文春オンライン

  9. 9

    山本太郎氏はYouTubeに力入れよ

    かさこ

  10. 10

    韓国で身内を守る嘘が溢れる背景

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。