記事
  • 階猛

選択される政治を目指して-離党会見


東日本大震災の月命日である11日、震災復興の象徴的存在であり、私が敬愛してやまない黄川田徹前代議士、そして、以前は秘書として私を支え、今は地域のために献身的に活動する高橋但馬岩手県議会議員と共に、国民民主党を離党することを表明しました。

国民民主党の立ち上げから1年、党の綱領や基本政策を立案し、被災地の代表として復興を加速するための4法案を提出し、憲法調査会長として憲法改正国民投票の公正さを確保する法案を作り、予算委員会で統計問題や税の使い方を質し、法務委員会などで司法に多様な人材が集まる制度を提案してきました。週末は地元に戻って街頭演説やミニ集会、戸別訪問などを重ね、支援者の拡大に努めてきました。

国民民主党が有権者の期待を集め、政権交代を可能とする政党にするために全力を尽くしてまいりましたが、最近の党の動きは、目先のことに囚われすぎていて、私が12年前の初当選時から掲げてきた「政権交代可能な政治体制を創る」という目標から遠ざかっているように見えます。その表れが、「大きな固まり」につながる明確な展望もないまま自由党との合流を急いで決める一方、自らが被災し復興の担い手として県民の信頼が厚い黄川田氏について参院選岩手選挙区の野党統一候補に決められなかったことです。

この数か月、玉木代表ら党の執行部には軌道修正を求め、これに前向きな執行部の回答を信じて党に残ってきましたが、いまだに何も変わりません。これ以上、私が党に留まることは玉木代表にとっても私にとっても不幸であると感じました。国民民主党をご支援頂いた方々には大変申し訳ありませんが、国民民主党を離れ、無所属の国会議員として活動することにしたいと思います。

今後は、先日立ち上げた政治塾「新時代いわて」を活動の基盤におき、岩手と日本を元気にする政策を創り、これを実行する志と覚悟を持つ仲間と研鑽を重ね、政治に携わる有為な人材を育成していきたいと思います。11日の国民民主党岩手県連の常任幹事会では、「新時代いわて」のアドバイザーとして、政治学者である東京工業大学の中島岳志教授を迎えることを報告し、苦楽を共にしてきた国民民主党岩手県連のメンバーにも役員に加わっていただくことになりました。

弱い立場の人が権力者の意向を「忖度する政治」ではなく、弱い立場の人にも寄り添う政策を訴え、有権者が政権を「選択する政治」を確立することを目指します。岩手と日本に野党の大きな固まりを作るため、愚直に誠実に活動してまいります。どうかこれまで以上のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

あわせて読みたい

「国民民主党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    【読書感想】ニッポン 未完の民主主義-世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点

    fujipon

    04月20日 10:40

  3. 3

    「アルコール提供自粛要請」「土日祝日の飲食店休業要請」大阪府が緊急事態宣言で検討

    BLOGOS しらべる部

    04月20日 19:38

  4. 4

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  5. 5

    どうしても飲みたい人々 路上だけでなく電車、喫煙所、オフィスにも増殖

    NEWSポストセブン

    04月20日 16:23

  6. 6

    若くしてスマートな今年の新入社員を絶望させる"化石燃料タイプ"のNG行動

    PRESIDENT Online

    04月20日 16:59

  7. 7

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  8. 8

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  9. 9

    ワクチン問題 最低足りないことは無くなった 今やらなければいけないこと

    中村ゆきつぐ

    04月20日 08:50

  10. 10

    日米共同声明 触れられたのは「台湾」ではなく「台湾海峡」

    緒方 林太郎

    04月20日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。