記事

なぜオウム一斉死刑は令和直前だったのか

1/2

昨年7月、オウム真理教事件の13人の死刑確定者に対し、死刑が執行された。なぜこの時期に一斉に行われたのか。政治学者の片山杜秀氏は「死刑執行が改元直前となったのは偶然ではない。オウム真理教事件は平成年間と同じ『31』という数字に彩られている」と指摘する――。(第8回)

※本稿は、佐藤優、片山杜秀『平成史』(小学館)の「文庫版まえがき」の一部を再編集したものです。

オウム真理教の元代表松本智津夫死刑囚らの刑執行を報じる号外=2018年7月6日、東京都港区(写真=時事通信フォト)

■「31」の数字から読み解くオウムと平成

どの時代にも、時代を象徴する数字というものが幾つも見いだせるでしょう。平成期を表すのにふさわしい数字も、いろいろあると思います。しかし、それらの数字の真打は、やはり「31」ではないでしょうか。平成が31年までということもあります。けれど、そこに少しだけ前にずれて折り重なる別の「31」があるのです。

2018(平成30)年7月6日と26日の2日に分けて、合わせて13人のオウム真理教事件の死刑確定者の刑が執行されました。「13」は「31」の裏返しではありますが、これは偶然でしょう。教祖の麻原彰晃こと松本智津夫が絞首刑になったのは初日の6日です。

オウム真理教事件と総称される事件には、数々の出来事が含まれます。その最初のものとして一般に知られているのは、修行中のひとりの信者の死亡事故というか一種のしごきの果ての死を徹底的に隠蔽した事件で、それが起きたのは1988年9月22日。つまりまだ昭和。昭和63年でした。

この日付が興味深いのです。事件のきっかけは修行中の信者が暴れだしたことだといいます。麻原の命令で、信者たちは、問題の暴れる信者を浴槽で冷水に漬けた。おとなしくさせようとしたわけでしょう。が、おとなしくなる次元では済まなかった。問題の信者は意識不明に陥り、ついに死に至ったといいます。

■元号の終わりに己の余命を重ね合わせた

その日に信者が暴れ出したのは、偶発的な出来事であったのかもしれません。けれど、9月22日とは、日本が異様な緊張に包まれていた時期であったことが、ここで思い出されてもよいでしょう。その3日前の9月19日、昭和天皇が一時重体に陥ったとのニュースが報道され、ちょうどソウル・オリンピック開催中であったけれど、テレビはオリンピック中継を中断して、特別番組を流したりしました。容体が回復しなければ、代替わりと改元の可能性がただちにあったからです。

昭和がいよいよ終わろうとしている。秒読みが始まった。いつ改元となるかは神のみぞ知る。日々是緊張。昭和が終わるとは、昭和天皇の肉体の死以外にありえない。皇室典範の定めです。滅びと新生。そのドラマを国民的に体験する日々が9月19日に始まった。そう言えます。

昭和天皇の体調が連日報道され続ける。日本がそんなモードに入った3日後、一連のオウム真理教事件が、まだひそかにではありましたが確実に始まったのです。

そこにはやはり「王の死」のイメージが関連しているでしょう。麻原が自らの健康不安を周囲に述べ、余命が幾何(いくばく)もないから、早く教団の今後、人類の未来のことを考えなければならないと積極的に言い始めたのは、1988年10月頃とされています。

最初の事件の直後です。そして、昭和天皇のいのちが消えようとする、その重圧が、日本をすっかり包んだ時期と、完全に一致しております。麻原彰晃という、健康に自信を失っていた一新興宗教の教祖は、日本国の大神主とも呼ばれる天皇が衰えゆくことに、自らを重ね合わせるところがあったのでしょう。

■「国家変造」計画は死体遺棄から端を発した

信者の死を隠蔽し死体の秘密裏の処分を指令した9月22日、麻原は日々に薄氷を踏んで生きていかなければならない犯罪者になり、その意味で彼は非常時を生きる人間になった。極端な言い方をすると、国家に捕まるか、国家を倒すかの二者択一になった。滅びるか、滅ぼすかです。

しかも麻原の肉体も彼のセルフ・イメージでは滅びつつある。おりしも昭和も終わり、次の元号の時代が始まろうとしている。日本が天皇の死と新生(代替わり)によって形式的に生まれ変わるとすれば、オウム真理教はそれに合わせて日本を実質的に生まれ変わらせなくてはならない。

既成の国家と法の体系が持続している中で、信者の死体を一宗教団体が秘密裏に処分していることが露見すれば、麻原以下が罪に問われて、オウム真理教の権威は地に堕ちる。滅びてしまう。そうせぬためには、オウム真理教の犯罪が問われない日本に国家を変造するしかない。

繰り返せば、麻原本人の肉体も滅びつつある。麻原が入滅してもオウム真理教が継続し、日本を、世界を支配してゆけばよい。暴れる信者が教団の論理で処分されても、国家がそれを不問に付すとすれば、その国家とはつまりオウム真理教の支配する国でしょう。滅びるか、滅ぼすかとはそういうことです。

■“米軍が教団を攻撃している”という妄想

では、麻原の健康状態は、昭和天皇の衰えに合わせるかのように、なぜ悪化しているのか。その理由を麻原は外部に求めてゆきました。攻撃されているというのです。

毒ガスなどで、麻原のみならず、教団全体が攻撃されているから、麻原の余命はなくなりつつあり、そこで自衛のために立ち上がらなければならないという。では、いったい誰がオウム真理教を攻撃するというのか。米軍だというのです!

そうなると、昭和天皇が老齢でいのちが尽きつつあることに麻原がおのれを重ねたという話では済まなくなってきます。むしろ昭和史全体とオウム真理教の歴史の妄想的重ね合わせが起きていたと言うべきでしょう。アメリカの重圧に対抗する自存自衛の戦争。これはまさに「大東亜戦争」の論理にほかなりません。

教祖の寿命と世界の寿命が重ね合わされ、教祖の死のイメージが世界の終わりと結びつき、戦争や災害やテロがそこに相乗してくる。宗教を巡る想像力のひとつの定石です。オウム真理教もそうでした。しかし、その連想作用に昭和が重なってくるところに、オウム真理教の時代性があったと思います。

■昭和史をなぞるように形成された終末観

昭和の新帝即位→対外的危機意識の高まり→軍事的冒険主義→敗戦→長い戦後(アメリカの占領と平和国家への試行錯誤)→昭和天皇崩御。昭和史をこのような段階分けで描けるとすれば、オウム真理教史は次のようになるでしょう。

オウム真理教誕生→対外的危機意識の高まり(米軍やその手先としての日本国家の教団に対する攻撃という妄想)→軍事的冒険主義(教団の武装化とテロ実行)→敗戦(摘発)→長い戦後(国家の監視のもとでの後継教団の平和的生き残りへの試行錯誤)→麻原らの死刑執行。

そう思ってみれば、オウム真理教の歴史は、昭和の終わりから平成にかけて、昭和史をかなりよくなぞるかたちで平成史に参与したのではないでしょうか。そういう理解の仕方もあると思います。

とにかく平成が始まると、オウム真理教は破滅的な進軍をエスカレートさせてゆきます。坂本堤弁護士一家を殺害するのが1989(平成元)年11月。武器製造のための工作機械を獲得すべくオカムラ鉄工を乗っ取るのが1992(平成4)年9月。サリン製造のためのプラントを建設しだすのが1993(平成5)年11月。

その製造物の効果を実験した松本サリン事件が1994(平成6)年6月。公証人役場事務長拉致監禁致死事件が1995(平成7)年2月。そして地下鉄サリン事件が同年3月20日。麻原逮捕は同年5月。この最終局面には同年1月の阪神淡路大震災が影を落としてもいるでしょう。

天皇とアメリカと災害。オウム真理教の終末幻想は、平成史のみならず日本近現代史の主成分にたっぷり培われているのです。

あわせて読みたい

「オウム真理教」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    住民が語るソープ街・吉原の現在

    フリート横田・渡辺豪

  2. 2

    宇垣アナ「基本人生は悲しい」

    キャリコネニュース

  3. 3

    資産50億円トレーダーの手口告発

    文春オンライン

  4. 4

    ジャニー氏の搬送先に中居ら集結

    文春オンライン

  5. 5

    日本による韓国の提案瞬殺は当然

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    舛添氏「韓国は話にならない」

    舛添要一

  7. 7

    山本太郎氏のバラマキ路線は危険

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    安全ピンで撃退OK? 警察に聞いた

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    山本太郎氏 自民めぐる発言釈明

    山本太郎

  10. 10

    カルビ並と上 違いは見た目だけ?

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。