記事

再び発射された北朝鮮版「イスカンデル」とは

1/2
北朝鮮が、5月4日に続いて9日にも再びミサイルを複数発射しました。4日に発射されたとみられる短距離弾道ミサイルが、今回も含まれていた模様です。

いかなるロケット/ミサイル発射も安保理決議違反

大陸間弾道ミサイル(ICBM)や中距離弾道ミサイル(IRBM)ではないので、「ミサイル発射凍結(モラトリアム)」違反ではないし挑発的ではない、というような報道もあります。しかし、現在の北朝鮮は、そもそもミサイル技術に関する活動を厳しく制限されています。人工衛星だろうと核兵器だろうと、北朝鮮によるロケット/ミサイル発射は、国連安全保障理事会決議1695、1718、1874への違反ということになります。

さらには、昨年4月に結ばれたばかりの「板門店宣言」にも違反していますし、形骸化しているとはいえ「日朝平壌宣言」にも違反しています。

まず、北朝鮮によるミサイル発射が国際秩序に挑戦するものであることは、毎回押さえておきたいところです。


短距離弾道ミサイルは「イスカンデル」派生型

北ミサイル、分析が遅れている理由は「新型兵器システムの可能性」=韓国国家情報院(2019/5/10 Yahoo)
北朝鮮が4日と9日に発射した中に、従来北朝鮮が試射した事が確認されていないミサイルがあり、これが新型かどうかも含めてまだ確定されていません。朝鮮中央通信は4日、“戦術誘導兵器を発射した”と発表しましたが、これもミサイルの詳細についての言及はありませんでした。

ただし、朝鮮中央通信が発表した実験の写真をみれば、これはロシアの「イスカンデル」短距離弾道ミサイルに瓜二つです。
[画像をブログで見る]
専門家の多くも北朝鮮版イスカンデルとして分析しています。

韓国の国家情報院などが「新型ミサイル」という見方をしているのは、前拙稿に書いた通り政治的な産物です。外見から推測される当該ミサイルが「イスカンデル」のシリーズであることはほぼ間違いありません。

一方、発射されたミサイルがずいぶんと低く飛翔するな、という印象は私個人も抱きました。

約420km飛翔する弾道ミサイルだと、到達高度は約100kmを少し超えるくらいをイメージしますが、「北朝鮮版イスカンデル」は約50kmと、いわゆるディプレスト軌道を描いています。

下図は、北朝鮮の中距離弾道ミサイル「火星12」の弾道側視図ですが、ロフテッド軌道、最小エネルギー軌道(MET)、ディプレスト軌道の参照となります。

ミサイル入門教室より、Lofted、MET、Depressed)

同じ重量でも到達高度の低いディプレスト軌道は燃料に余裕があるため、発射角度が45度くらいのいわゆる最小エネルギー軌道(MET)よりも着弾までの時間は当然速くなります。同じ重量のミサイルをMETを描くように発射すれば、着弾までの時間はかかりますが、今度は当然遠くまで届きます。それゆえ(それだけではないですが)、飛翔距離が約420kmだった「北朝鮮版イスカンデル」の最大到達距離がMETでは約630kmと推定されています。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  3. 3

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  4. 4

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  5. 5

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

  6. 6

    正義連を告発した元慰安婦に誹謗

    文春オンライン

  7. 7

    米雇用 予想覆す250万人増に衝撃

    鎌田 傳

  8. 8

    「ドラゴン桜2」延期報道のワケ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  10. 10

    雅子さまが令和の皇后像を築くか

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。