記事

議論のレイヤーを揃えよう

レイヤーがずれていて議論にならないことがよくあります。

例えば、あるチェーン店の1店舗のアルバイトの人件費の話をしているときに、「そんなことより、チェーン全体としての出店計画の影響の方が大きく、X店の失敗にかかったコストの影響の方が…」ということを持ち出しても話になりません。
そのような出店計画などのレイヤーの話が終わったのちに、各店舗の売上/コストのレイヤーの話になり、各店舗のコストのレイヤーの話になり…という流れです。そういうことは言わないのがお約束です。


投資信ブログを見ていても、残念ながらこのようなレイヤーがずれた議論がしばしば見受けられます。

●典型的な例
投資信託の信託報酬の高い安いという議論に対する「0.数パーセントの信託報酬の違いより、株価の上昇などの影響の方がはるかに大きいから、信託報酬のわずかな違いを気にしてもあまり意味はない」というような指摘です。これは投資信託の話でよく起こる典型例です。
各ファンドの運用の巧拙が投資信託の基準価額に対して数十%/年という影響を与えるのはその通りです。しかし、それは信託報酬とレイヤーが違います。そのような影響の違いは分かっての上で、信託報酬の高い安いを議論しているのです。


【余談】
インデックス投資ブログは基本的に落ち着いたブログが多いのですが、梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーはインデックス投資ブログの総本山的な存在として多くの議論が発生していました。
その中でコメント欄の廃止という結論に至ってしまったのは、残念ながらこの手のレイヤーが違うコメントが多かったことの影響も非常に大きいように思っています。

あわせて読みたい

「投資信託」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  3. 3

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  4. 4

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  6. 6

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  9. 9

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。