記事

「この体験をコンテンツとして切り出せないか?」—創造力を発揮したいブロガーへ捧げる魔法の質問

画像を見る
photo credit: Chiot’s Run via photo pin cc

greenzとトレンドマイクロの共同企画にトークゲストとしてお邪魔してきました。

トークの中で出てきたのが「どういう視点で世の中を見ていますか?」という質問。あまり考えたことがなかったので、整理がてら文章にしてみました。

この体験をコンテンツとして切り出せないか?を自問自答する


僕は多産なブロガーなので、体験をコンテンツ化することを日々意識しています。

例えば今回参加したイベントでも、その体験をネタに2つの記事を生産しました。ぼけっと過ごしているのはもったいないので、せっかく時間を過ごすのなら記事にしたいのです。


「この体験をコンテンツとして切り出せないか?」という問いは僕のようなブロガーにとって高い価値があります。
例えば
・電車が30分遅延した、という経験をもとに「電車が遅延している時をやり過ごすための3つの方法」なんて記事を書く
・病み上がり(風邪)でゲストトークをした、という経験をもとに「風邪気味・病み上がりだけど人前でプレゼンしなきゃいけない人に対する3つのアドバイス」という記事を書く
・Googleアドセンスを設置した、という経験をもとに「Googleアドセンスを設置して分かった5つのこと」という記事を書く
・今まさにこの記事を書いている経験をもとに、「ライターを目指す人が自問自答すべき3つの質問」という記事を書く

なんてことができてしまいます。どれも自分の体験に根ざしているので、特段の調べ物も発生せず、15分もあれば記事化できてしまいます(2つ目の風邪気味ネタは結構ニーズがありそうですね)。

「この体験をコンテンツとして切り出せないか?」は創造性を引き出すための、魔法の質問です。僕も四六時中意識できているわけではありません。創造力を発揮したい時に使う呪文のような位置づけですね。

自分で言うのもなんですが、常にブログネタを探している僕の世界の見え方は、普通の人と違うと思います。

この問いを習慣付けるのはかなりタフですが、皆さんも意識してみると面白いかも知れません。

関連本はこちらがおすすめ。ブログで生計を立てるレベルのブロガーが書いているノウハウ本です(書評)。

リンク先を見る
必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意
posted with ヨメレバ
コグレマサト,するぷ インプレスジャパン 2012-03-23
Amazon 楽天ブックス ブックオフ

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  6. 6

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  7. 7

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  10. 10

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。