記事

ドルが対円で上昇、米中通商合意に慎重ながら楽観的な見方=NY市場

[ニューヨーク 10日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドルが円に対し小幅上昇。米中が通商協議で妥協点を見いだすとの慎重ながらも楽観的な見方が広がったことが背景にある。ただ、市場は全般的に小動きにとどまった。

ドル/円<JPY=>は0.13%高の109.89円。

楽観的な見方を反映し、豪ドル<AUD=>も対米ドルで0.14%上昇した。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.04%安の97.331だった。

ドイツ銀の為替戦略グローバル主任のアラン・ラスキン氏は、週初にはドル/円を中心に目立ったリスクオフ取引も見られたものの、「この日はそうした動きは継続しなかった」と述べた。

2日間の日程でワシントンで開催されていた米中通商協議は終了し、トランプ大統領は中国との合意を急いでいないとの認識を示した。協議に臨んだムニューシン財務長官は中国との話し合いが「建設的」だったと評価。中国の劉鶴副首相もブルームバーグに対し、協議は「極めて良好」だったと語った。

前出のラスキン氏は「協議は継続するもようで、当面かなりのノイズが想定されるが、最終的には何らかの合意に至るだろう」と述べた。

また、米政府はこの日、中国からの2000億ドル相当の輸入品に対する関税を10%から25%に引き上げた。中国は対抗措置に動く構えを示している。

対中関税引き上げを背景に、米連邦準備理事会(FRB)が年内に利下げを実施するとの観測が高まった。

朝方発表された4月の米消費者物価指数(CPI)は前月比0.3%上昇だった。基調的な物価は小幅な伸びにとどまり、FRBが当面金利を据え置くことを示唆した。

カナダドル/米ドル<CAD=>は0.43%高で、3月以来の伸びを記録。4月のカナダ雇用統計で雇用者数が10万6500人増と、過去最高の伸びだったことが追い風になった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。