記事

大塚家具、第1四半期は在庫一掃セールの反動で赤字

 5月10日、(株)大塚家具(TSR企業コード:291542085、JASDAQ)は2020年4月期第1四半期(1-3月)を発表した。

 在庫一掃セールの反動や店舗縮小などで、売上高は68億3,000万円(前年同期比25.1%減)と大幅減収だった。営業利益は14億3,000万円の赤字(前年同期14億1,900万円の赤字)で、店舗再編による賃借料低減などの抑制策で前年同期と同水準にとどまった。当期純利益は14億5,600万円の赤字(前年同期は1億円の黒字)に転落した。前年同期は不動産流動化に伴う特別利益(11億7,666万円)を計上し、9四半期ぶり最終黒字を計上していた。

 赤字が続き、営業キャッシュフローはマイナスだが、2019年3月にハイラインズ日中アライアンス1号匿名組合などから第三者割当増資の払い込みを受け、現預金は39億5,167万円に増えている(2018年12月末比7億5,649万円増)。

 2020年4月期は16ヵ月の変則決算だが、新たな計画に基づき精査中で業績予想は未定とした。

 大塚家具を巡っては、大塚久美子社長が4月26日、経営権を巡り対立していた実父で匠大塚(株)(TSR企業コード:015391809)の大塚勝久会長を訪問し、和解を呼びかけるなど、引き続き動向が注目されている。

匠大塚の店舗前で会見する久美子社長(4月26日 TSR撮影)

あわせて読みたい

「大塚家具」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  3. 3

    Netflixがもたらした画期的な点

    ヒロ

  4. 4

    高学歴な人がなぜ成功できないか

    内藤忍

  5. 5

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    オリラジ中田を起用したNHKの罪

    文春オンライン

  7. 7

    伊方原発めぐる司法判断を危惧

    赤池 まさあき

  8. 8

    AirPods Pro 不具合が続出した訳

    S-MAX

  9. 9

    「スタバでMac」批判記事に呆れ

    かさこ

  10. 10

    「下着は白」ブラック校則の実態

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。