記事

五輪チケット アクセス殺到

昨日9日午前10時から、2020年東京五輪で国内在住者向けに販売するチケットの抽選申し込みが始まりました。5月28日午後11時59分まで受け付け、抽選結果は6月20日に発表されることになっています。

1964年の前回の大会から半世紀ぶりに東京で迎える五輪を観戦したい人が、予想以上に殺到したのか、申し込み初日の昨日は午後5時までに、アクセス数は130万人に上りました。大会組織委員会では、五輪で初めて、サイトへの負荷を減らすために、待合室を2ヶ所設け、アクセスが集中して一定数を超えたら自動的に誘導する仕組みを導入した、ということです。

昨日は、最大18万人が待機し、最長2時間の待ち時間が生じた、と組織委員会はしていますが、途中で手続きを進められなくなり、さらに長時間を要したケースもあった、とのこと。5~6時間待って申し込んだ人のインタビューもテレビで放映されていました。

今回の手続きは、パソコンやスマートフォンなどで行わなければならず、応募には必要なID登録をしなければなりません。組織委員会によると、IDの登録者は、9日午後5時時点で、約356万人に達し、2012年ロンドン五輪の約200万人を大幅に超えました。

7月24日の開会式や人気競技の観戦希望者が、サイトに殺到したようです。申し込みができるのは、第一希望が最大30枚、大に希望が最大30枚で、予選、決勝など720以上の項目から選びます。価格は開会式が1万2千~30万円、競技は2500~13万円です。当たったチケットは全て買う必要があり、購入手続きは7月2日が締め切りになります。今秋以降は、公式サイトで先着順に販売する予定とのこと。今の時点では、競技の組み合わせもわからないので、日本がどこで出るのかも、わかりません。

私は、ID登録はしましたが、現在の申し込みは先着順ではなく抽選ということですので、もう少し落ち着いてから考えたいと思っています。五輪チケットの総数は、780万枚(招致時の試算)ですが、今回の抽選対象は、何枚を販売するかも明らかではありません。東京五輪のチケット販売については、課題がたくさんあるようです。

ひとつは、昨日のように申し込みが殺到して、インターネットにつながらなくなったり、待ち時間がながすぎたりして、問い合わせ専用電話も不通という状態になること。申し込みがネットのみの受け付け、ということについては、ネットを使わない使えない人たちから不満の声が上がっています。

2020年春以降は、東京都内に設置する販売所でも買えるようにする、ということですが、よい席や見たい競技は、その前に売り切れ、ということにはならないのでしょうか。抽選販売がネットだけになったことについて、組織委員会は、「不正転売はネットを使わなければ防げないと判断した」としています。チケット1枚ずつに観戦者の氏名などの個人情報をひもづけることで不正譲渡をさせにくくできるから、とのこと。過去の大会でも転売が問題になっています。

毎回いわれるのは、スポンサー企業や競技団体向けの大量のチケットが、実際の来場につながらない「空席問題」です。購入したのに行けなくなった場合のための公式リセール(再販売)サービスが円滑に運営できるかも課題のひとつ、とされています。せっかく、日本で開かれる五輪を、見たい人が簡単に見られるよう、さらに工夫してもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    千葉停電で数万円の発電機が活躍

    かさこ

  2. 2

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  3. 3

    河野氏の停電対応 元医官が絶賛

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    日韓関係をあおって得する両首脳

    毒蝮三太夫

  5. 5

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  6. 6

    救急医療特集 無難な結論に不満

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    マラソン代表 大迫選出は必至か

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  8. 8

    韓国消える 文政権高官が危機感

    文春オンライン

  9. 9

    二宮和也 3億円新居で結婚決断か

    女性自身

  10. 10

    デビルマンに凝縮した戦争の真実

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。