記事

「日本のどこかで亡くなっている人が毎日いるが、多くは取り上げられないまま」交通事故の被害者遺族とメディア報道

1/2


 滋賀県大津市で起きた事故を受け、報道のあり方について、メディアに対する批判が高まっている。

 とりわけ園児や保育士が巻き込まれたレイモンド淡海保育園が開いた会見では、泣き崩れる若松ひろみ園長に次々と質問を浴びせた記者たちに対し、質問内容やその必要性について厳しい意見が殺到。



 また、亡くなった原田優衣ちゃん(2)と伊藤雅宮ちゃん(2)の遺族は9日、滋賀県警を通じて出したコメントの中で、「私たちの心情をお察しいただき、自宅や葬儀会場での取材や写真撮影をご遠慮いただきますようお願い申し上げます」「自宅周辺、近隣葬儀場等における取材・撮影等はお断り致します。私共としても安らかに娘を旅立たせようと思っております」と、報道各社に配慮を求めた。



 AbemaTV『AbemaPrime』の視聴者からも、

 「子どもを失ったばかりの親にこんな文章を書かせるほど自粛できないんだな」
 「上から目線でモラルを説きながら。最もモラルのない業界なのではないか」
 「死亡事故はこれまでもあったはずなのに、なぜもっと真剣に取り上げてこなかったのか」
 「殺人事件も含め、人が亡くなったことをエンタメのようにしてしまうのは今回限りではない」

 といった意見が寄せられた。その一方、「報道のおかげで、親と免許返納について話し合うことができた」という意見もあった。

 ふかわりょうも、「他にも事故は起きているはずだが、なぜ大津の事故だけがこれだけ多く報道されているのだろうか。献花台の前で泣き崩れている人を取材する意味はあるのだろうか。そういう報道の方法も問われている」と話す。



 これに対し、週刊東洋経済の山田俊浩編集長は「"幼い子ども"というのが人の関心を呼ぶところだから、という理由もあると思う。もちろんそれは"命をネタにしている"という見方もできるのかもしれない。ただ、多くの人が注目するということは、もう一度安全を徹底しよう、という動きが広がることにもつながると思う。一方を見れば"メディアというのは本当にクソだ"という言い方もできるが、取り上げたことによって啓発や、考えてもらう機会になることも事実」と話す。

 慶應義塾大学の若新雄純准教授は「小さな頃から、テレビがわざわざ泣いている人と"号泣"という2文字の漢字を映すことが気になっていた。ただ、その泣いている姿や"号泣"の2文字があるからこそ人々がチャンネルを止めて見てくれる、という効果もあると思う。だからこそ、吟味することなく簡単に人が号泣しているその姿を映してしまえば、諸刃の剣になってしまう」と指摘した。

あわせて読みたい

「大津園児死亡事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  3. 3

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  4. 4

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  5. 5

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  6. 6

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  7. 7

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  8. 8

    山口 移籍前夜の運営批判が波紋

    女性自身

  9. 9

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  10. 10

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。