記事

小川彩佳アナ『NEWS23』キャスター就任で期待される役割

小川彩佳アナの起用で『NEWS23』はどう変わるか

 事前に噂されていた通りの発表だった。TBSは、6月3日から『NEWS23』のメインキャスターに小川彩佳アナウンサー(34)が就任すると発表した。小川アナといえば、2007年にテレビ朝日に入社し、2011年4月から2018年9月まで7年半にわたって『報道ステーション』のキャスターを務めた。今春のテレ朝退社後、わずか2か月で他局のニュース番組に移籍することになる。テレビ局関係者が話す。

【表】人気女子アナ「潜在視聴率」ランキング

「2か月でのキャスター就任についていろんな声があると思いますが、早いに越したことはないですよ。昨年秋に『報ステ』を降板してから、8か月しか経っていないので視聴者もまだ馴染みがある。業界のサイクルは早いですから、1~2年後に就任したら鮮度が薄れます。数字が上がれば、外野の声は消えていくでしょう。

 ニュース番組は本来、視聴率を気にすべきではないし、キャスターに数字を頼るのは酷だと思います。しかし、民放である以上、視聴率をある程度追うのは仕方ない。現在、23時台は有働由美子キャスターの『news zero』(日本テレビ系)が強くて2ケタ近く獲ることもあり、『NEWS23』は概ね3~4%台に留まっている。テコ入れは当然でしょう。小川アナにとっては、高視聴率番組を受け継ぐよりは、やりやすいのでは」

 小川アナの起用に伴い、2016年7月からキャスターを務めてきた雨宮塔子アナは降板となりそうだ。果たして数字は上向くのか。視聴率研究家の岡野誠氏はこう分析する。

「帯番組の場合、長年の視聴習慣がありますし、トップの牙城を切り崩すには時間が掛かる。局も視聴者も長い目で見るべきでしょう。

 雨宮アナは落ち着いた進行ぶりで、アクの強さもなく、安定感がある。ただ、視聴者からすると、それが物足りないという一面もあったのかもしれない。突っ込みどころがなかったんです。かつての久米宏さんや筑紫哲也さん、古舘伊知郎さんはニュースや政治家にズバズバ切り込むという“突っ込み的存在”でありながら、その言動を“視聴者に突っ込まれる”という二重構造があった。これも、注目を集める1つの要素でした」

『報ステ』を通じ、小川アナは批評精神を持ち合わせていると一定の評価を得ているという。

「最近のキャスターは、ネットの反応などを恐れてか、どこか及び腰になっているように見受けられる。その中で、小川アナが飾らない自分の言葉で意見を述べたり、ゲストの政治家などに遠慮せずに突っ込んだり、素直に疑問を聞いたりすれば、それだけで話題になる。SNSが発達したため、テレビで意見を言うと、方々から突っ込みを受ける。しかし、それは決して悪いことではないし、賛同者もいる。もちろん、ニュースを伝えることが第一の仕事ですが、最近の報道番組は全体的におとなしい印象があるので、彼女の本音は視聴者に求められていると思います」

 視聴者の期待に応えて、小川アナが本音でニュースに切り込むことができるか。『NEWS23』復調のカギはそのあたりにもあるのかもしれない。

あわせて読みたい

「アナウンサー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。