記事

AV出演強要 法規制を/被害者支援団体などシンポ

(写真)シンポジウム「AV出演強要被害をなくすための法制化を求めて」のパネリストの人たち=8日、参院議員会館

 悪質なスカウトなどによるAV(アダルトビデオ)への出演強制の被害がやまないなかで、シンポジウム「AV出演強要 被害をなくすための法制化を求めて」が8日、参院議員会館で開かれました。主催はヒューマン・ライツ・ナウ(HRN)、人身取引被害者サポートセンターライトハウス、ポルノ被害と性暴力を考える会(ぱっぷす)の3団体。与野党の国会・地方議員、AV出演者、市民ら約70人が参加しました。

 ライトハウスの藤原志帆子代表が、被害の実態を報告。手や足のみの撮影という「パーツモデル」を募集するといって契約書や誓約書に署名させ、AV出演を強要する手口が紹介され、どんな若者でも被害にあう可能性が広がっていることを強調しました。また、本人の望まない映像がネット上に拡散することによる被害は甚大であり、解決も困難であるとして、AV出演強要を取り締まる法規制の必要性をのべました。

 ぱっぷすの金尻カズナさんは、巧妙な勧誘により生涯にわたる不利益を被ることの恐ろしさに言及。脅迫の事実の証明が困難で「望んだ出演」とみなされてしまうことや妊娠、中絶、性感染症のリスクについてのべ、「AV出演強要は性的搾取、人身売買にほかならない」と訴えました。

 HRNの伊藤和子弁護士は、成人年齢の引き下げにより18、19歳がねらわれる危険を指摘。「既存の法律がいくつあっても動画を拡散して利益を得ているものが処罰されないなど、十分な法規制が及んでいない実態は、深刻な人権問題としてとらえる必要がある」とのべました。

あわせて読みたい

「AV強要」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  8. 8

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  9. 9

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。