記事

米ウーバー、IPO価格は仮条件下限付近 評価額824億ドル


[ニューヨーク 9日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>は9日、新規株式公開(IPO)価格を1株当たり45ドルと、仮条件(44─50ドル)の下限付近に設定した。調達額は81億ドル。企業価値の評価額は824億ドルとなった。控えめな価格設定で、同業リフト<LYFT.O>のようなIPO後の株価下落を避けたい意向だ。

今年最大となる同社のIPOは、米中貿易摩擦を受けて金融市場が混乱する中、実施された。リフトの株価も売り込まれ、3月下旬のIPO価格を23%下回っている。

ウーバーの評価額は昨年に投資銀行が見込んでいた最大1200億ドルを大幅に下回った。ただ直近の私募での資金調達ラウンドの評価額760億ドルは上回った。

同社のIPOは応募が募集を上回ったが、同社はリフトのようなIPO後の株価下落を避けるため、公開価格を低めに設定した。ヘッジファンドとは異なり、低めの価格で買い注文を入れる大型ミューチュアルファンドにも配慮した形だ。

2018年に30億ドルの営業損失を計上したウーバーは、リフトと同様に今後どのようにして、いつ黒字転換を見込んでいるのかを問われることになる。

コンサルタント会社コーンレズニックのマネジングパートナー、アレックス・キャステリ氏は「最終的にリフトとウーバーのIPOが成功したかどうかは、IPO後のパフォーマンスや、これらの企業が黒字化に向かい、どのように成長を持続できるかに基づき判断される」と指摘した。

ウーバーの公開価格設定は、受け入れ可能な価格で折り合いをつけ、新規上場時に上昇余地を幾分残すといったバランスに配慮した引受幹事団の戦略だ。

ウーバーは10日、ニューヨーク証券取引所に新規上場する。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。