記事

中間所得層の健全性回復が重要、「収入の伸び低迷」=FRB議長

[ワシントン 9日 ロイター] - パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は9日、中間所得層の収入があまり伸びていないことや所得格差の拡大といった問題への取り組みが重要になるとの考えを示した。

議長は中間所得層に関する会合であいさつし、大学を卒業しておらず、あるいは貧困家庭・地域に生まれた人が就職したり中間層に入る確率は50―60年代と比べてかなり低下していると指摘した。

その上で「中間層は仕事を持ち貯蓄できると国民の多くが考えているが、近年、中間層の収入の伸びは低迷している」とし、経済階級の階段を上れるかどうかは、努力や才能だけでなく育った家庭・地域や通った小中学校の質にもよるほか、人種や民族性も絡んでくると述べた。

また、貧困層が中間層に移行できる状況の構築や、中間層における基本的な経済の安定性確保が二重の課題になるとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  6. 6

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  7. 7

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。