記事

禁煙に失敗したら罰金を払うウェブサービス「禁煙コミット」 罰金額は500円から設定可能

お金が絡むとモチベーションも上がるかも?

メタエクスは5月8日、禁煙に励む人を支援するウェブサービス「禁煙コミット」を開始したと発表した。禁煙中の人がたばこを吸ったら、自身の設定に応じて罰金を支払わなければいけない、というサービス。罰金は最低500円から、1円単位で設定が可能だ。禁煙に失敗したら罰金額が請求される。

同社は、「既存の禁煙方法に比べて強い意思をもって禁煙に挑戦することができる」としている。

「判定者」のうち1人でも失敗とみなせば失敗、罰金の支払いが発生

利用者はサイトから登録後、禁煙に取り組む期間を設定する。最長で半年まで設定できるが、サービスでは「まずは3日間から初めて、1週間、2週間、1か月と徐々に長く挑戦すること」を勧めている。チャレンジ終了後の1週間で禁煙の成功・失敗の報告をする。期間内に報告がない場合は失敗とみなされるので注意が必要だ。

サービスでは、自分のチャレンジの成功・失敗を判断してくれる「判定者」を設定することもできる。家族や友人、同僚などの第三者に判定者用のURLを送り、登録してもらう。判定者は報告期間のほか、喫煙を目撃したとき即座に禁煙失敗を報告することも可能だ。常に見られている緊張感と「失敗したら罰金」というペナルティが、禁煙の持続を後押ししてくれそうだ。

登録できる判定者は最大10人。判定者のうち1人でも「失敗」と報告すれば、チャレンジは失敗したとみなされる。ユーザーがサービスの利用を中断した場合はチャレンジ失敗とみなされ、罰金を支払わなければいけない。

禁煙の挑戦状況は、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで共有できる。

あわせて読みたい

「喫煙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  5. 5

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  8. 8

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。