記事

存在価値のない週刊誌(週刊新潮の例から)

週刊文春や新潮などオヤジ週刊誌の下らなさに拍車がかかっているようなので、報告しておく。
というのも、歯医者の待合室で読むモノがなくて、角の折れ曲がった週刊誌を仕方なく手にとってみると、あまりの内容のなさに両手を広げ、首を左右に振って、

「そりゃないぜ」、

とは、やんないけど・・・

例えば週刊新潮。
「有名女優・タレント・皇族の身辺事情」
「ヒグマ襲撃事件の顛末」
「中高年の健康講座」
「相撲部屋のシゴキ問題」

と、よくもまあ下らないネタを集めたもんだ。

「タレントの身辺事情」「ヒグマ事件」系の記事は、固定ファン層のいる「週刊女性」や「女性自身」のテリトリーだし、
「シゴキ問題」系は賭博ネタとも絡めて「実話」や「大衆」のほうがおもしろく読めそうだ。
えせ科学満載の「健康講座」なんぞに目を通すくらいなら、ウェブ上で公開されている医療情報(本格的にはMedlineなど)を丹念に読みこんだ方がはるかに信用度が高い。

唯一、オヤジ週刊誌の「らしい」記事が
「小沢復活は国民にとって幸福か」
で、
小沢一郎に関する大学教授や元政治家のコメントの羅列から、小沢は江藤淳が評価していたような「保守政治家」ではない、という結論に至る流れ自体は、まあ悪くない。

悪くないが、残念なことに江藤淳がなぜ小沢を保守政治家と認めていたか、が示されず、羅列されたコメントに対するまとめも評価もなされないので、結論に至る理由と論理が全くわからない。

ただ単に取材したネタを無造作に陳列し、唐突に、「や、でも小沢は嫌いだから」、と言っているようなもので、
読まされた方は、なんだ、これは。

と、遠い目で窓の外を行きかう人々を眺めざるを得ない。

連載執筆陣も渡辺淳一、桜井よし子、福田和也、藤原正彦、と「いかにも新潮が好きそうな文化人」ばかりで、タイトルだけで内容がわかってしまう。
(福田和也は除く。福田さんは完全に「降りて」ますね~)

全体的に、やる気のなさ(新しいことをしようとする意欲のなさ)が蔓延していて、
なんとなく県の出先機関の水曜日午後2時のような、タルくてヌルい雰囲気。

大分前に、文春の大見出しで「高岡某(宮崎あおいの夫)のスキャンダル」がデカデカとのっかっていて、のけぞった記憶があるが、

この手のオヤジ週刊誌、一体だれが買っているのでしょうか?

官公庁外郭団体発行の業界誌のようなもので、床屋や病院や銀行の支店は「買うこと」になっているのだろうか。
普通の人が自腹を切ってキオスクで買うとは思えない。
(セックス・暴力に特化した「大衆」やゴシップの研究に特化した「女性自身」を買う人がいるのは理解できる。)

新聞には一日一回更新する速度と特集記事を組める紙数、取材能力があるので、政治・経済ニュースでも幾分かは利用価値があるように思えるが、オヤジ週刊誌には何もない。(誰か教えて)

週刊文春や新潮を買うのだったら、専門分野では専門誌を一般ニュースなら新聞とせいぜい「選択」を購入する程度で間に合う。
ゴシップネタを楽しみたいなら、ウェブ上でいくらでも転がっている。

日本の誇るオヤジ週刊誌は、ガラパゴス諸島で生き残ってしまった希少種のようなもので、今のうちに記念写真を撮って、保存しておいた方がいいのかもしれない。

あわせて読みたい

「週刊新潮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  6. 6

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  8. 8

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  9. 9

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。