記事

痛ましい暴走事故根絶へ〜都が率先し自動ブレーキの標準装備を!〜

1/2
高齢者暴走事故により、自転車に乗って公園に行こうとしていた母子が追突され、亡くなった池袋の交通事故は、大切な家族を失った父親の悲痛な思いも伝えられ、大変痛ましいものでした。昨日大津市では、お散歩に行く途中、信号をしっかり守って待っていた園児の列に衝突事故を起こした車が突っ込み、2歳児2名の園児が亡くなりました。育ち盛りのかわいい盛りの元気な2歳児の命が奪われたお母さん、お父さん達の喪失感と悲しみは計り知れず、現実を受け入れることは大変厳しいと思われます。物議をかもした、保育園園長先生の記者会見は涙なくしては見られませんでした…

改めまして、池袋と大津のあってはならない交通重大事故の犠牲者のご冥福をお祈りし、ご家族の皆様に心よりのお悔みを申し上げます。

いかに交通ルールを歩行者が守っていたとしても、ガードレールなど作ったり登下校、お散歩のあり方を検討したとしても、自動車操作ミスや衝突事故になどの予期せぬ自動車の暴走事故は避けようもありません。

では、どうしたらいいのでしょうか。

【3年前、東京都へ確認していた暴走車対策】


私は、平成28年12月第四回定例会文書質問にて「急発進による追突事故防止に向けた対応について」質しておりました。答弁は、警視庁→政策企画→青少年治安対策本部(お姐注:当時。現在は都民安全推進本部へ名称変更)とタライ回って回答を得ました。お急ぎの方は、毎度のことながら「お姐超訳」のみお読みください。

お姐「高齢者及び不注意な運転による追突事故により、死亡者が出るなど深刻な事故が続発しています。高齢者の絶対数も多く、繁華街、住宅密集地が他自治体よりも卓抜して多い東京都として、重大事故が発生する前に未然に措置を講じる必要があると考えます。ついては以下についてお尋ねします。高齢者ドライバー対策の現在の取組と課題についてご説明ください。」

都庁「警視庁では、高齢運転者に対して、加齢に伴う身体機能の低下、認知機能の変化等の自覚を促すため、高齢者向けの交通安全のつどいや街頭キャンペーン、シルバードライバー教室等における検査機器を用いた交通安全教育のほか、警視庁ホームページやラジオ、チラシなどの各種広報媒体を活用し、交通安全指導を行っています。

 また、運転免許を自主返納した高齢運転者を支援することを目的として、平成20年に「高齢者運転免許自主返納サポート協議会」を発足させ、運転免許を自主返納し、運転経歴証明書を取得した方が、生活用品の購入や飲食店利用時の割引など様々な優遇措置を受けられるよう、民間企業・団体等に対して加入を呼びかけるなどしています。

 今後も、関係機関と連携を図り、サポート協議会の更なる拡充や高齢運転者に対する相談窓口業務の充実など、総合的な高齢者の交通事故防止対策に努めていきます。」

お姐超訳:組織たちあげ啓発活動は、ちゃんとやってます!

お姐注:やりっぱなしではなく検証し、例えば自主返納率の数値目標を立てるべきでしょう。


お姐「高齢者ドライバーにおける認知症対策と課題を伺います。」

東京都「高齢運転者に係る交通事故防止対策については、高齢運転者の認知機能の現状をいかにタイムリーに把握し、その状況に応じた個別対応をとるかということが課題となっています。

 平成29年3月12日に施行される改正道路交通法では、75歳以上の高齢運転者は、3年に1度の免許更新時の認知機能検査に加え、新たに一定の交通違反をした場合には、臨時の認知機能検査の対象となります。

 その結果、認知症のおそれがある第1分類に該当したときには、臨時適性検査又は医師の診断書の提出が義務付けられ、また、直近の認知機能検査の結果と比べて機能が低下しているとき等には、臨時高齢者講習が義務付けられることとなり、認知機能の低下をタイムリーに把握して、その結果に基づく臨時適性検査や安全教育等を行うこととしています。

 そのほか、警視庁では、認知機能が低下している疑いがある高齢運転者や家族等からの相談についても、運転免許試験場や運転免許センター、最寄りの警察署交通課において相談に応じています。」

お姐超訳:機会を捉え、逃さぬよう検査、教育を実施しております!

お姐注:警察との虐待情報全件共有を求めるものと同じ状況です。事故が懸念される高齢者ドライバー情報を縦割り行政を超えて共有すべきです


お姐「免許返納要件は満たさぬものの、本来は免許返上が勧められるものの車がどうしても必要な高齢者への対策について伺います。」

東京都「警視庁では、日々の生活を送る上で車の運転が欠かせない高齢者に対して、運転に必要な認知力や判断力、注意力等が加齢に伴い低下することについて、自覚を促すための交通安全指導を継続して行っていくほか、関係機関と連携を図り、リーフレットの配布等による先進安全自動車の普及促進に向けた取組も実施していきます。

 また、車に代わる移動手段の確保に向けた取組として、引き続き、コミュニティバスをはじめとする地域公共交通網の形成と高齢者運転免許自主返納サポート協議会の拡充に向け、区市町村等の関係機関に働きかけていきます。」

お姐超訳:区市町村と連携して普及に努めてます!

お姐注:本当に働きかけが必要な方へ区市町村が周知できるよう連続事故を受けて都として確認を促していくべきです
<

あわせて読みたい

「交通事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員の診断出した医師に憤り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スルガ銀行を助ける金融庁の本音

    大関暁夫

  3. 3

    「ガイアの夜明け」にねつ造疑惑

    和田政宗

  4. 4

    乙武氏の義手・義足姿に大反響

    AbemaTIMES

  5. 5

    専業主婦ではない無職人妻に同情

    キャリコネニュース

  6. 6

    トランプ氏の対中政策は正しい

    奥山真司

  7. 7

    メイ氏辞任 EU離脱の元凶は何か

    舛添要一

  8. 8

    山口 移籍前夜の運営批判が波紋

    女性自身

  9. 9

    書類を即処分 桜を見る会の異常

    猪野 亨

  10. 10

    米中冷戦で日本は主戦場の可能性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。