記事

FRB、景気低迷期に長期金利水準設定も選択肢=ブレイナード理事


[リッチモンド(米バージニア州) 8日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は8日、今後経済が低迷した際、景気を刺激するために、より長期間の金利水準を目標にする政策を検討したいと述べた。

FRBは金融政策を広範に再考している。

ブレイナード氏は、2007─09年の金融危機と景気後退のときのようにFRBが再び短期金利をゼロに引き下げることとなった場合、新たな政策の下では1年債や2年債、その他の債券について明確な金利水準を設定した上で債券を購入すると説明した。こうした戦略を推奨する発言はせず、「もっと意見を聞きたい」と述べた。

「われわれが通常、目標とする短期金利がゼロまで下がったら、今度はそれよりも少し長期間の債券の金利に目を向けるかもしれない。例えば、まずは1年債の金利だ。さらに刺激が必要であれば2年債に移行する」と説明した。

前回の金融危機の際、FRBは短期金利がゼロになった後は国債を買い入れることで、より長期金利を操作した。その時は月々の購入規模を明確にしていた。ブレイナード氏の提案の下では、企業や投資家は金利がどの水準になるかを明確に知ることができる。FRBにとって新たな試みだ。日銀の長短金利操作と似ている。

こうした政策の検証を提唱することは、FRBが金融政策の再考をいかに幅広く行っているかを示す。

ただブレイナード氏は、検討中の全ての案は強みがある反面、弱みがある可能性もあると警告した。

よく挙がる例は、物価上昇率が高い時期を弱い時期の「埋め合わせ」に充てる政策だ。これは物価が急速に上昇している局面で中銀が我慢できず、政策をやり遂げないリスクがある。ブレイナード氏は「こうした政策は一見魅力的だが、実際導入されたことはない。ある一定の期間、目標より高い物価上昇率が続いた際に中銀が物価上昇ペースの加速を恐れてしまうのではないかとの懐疑論がある」と指摘した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  7. 7

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  8. 8

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  9. 9

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  10. 10

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。