記事

人類の進歩,時代の変革に合わせた防衛力整備を。そして,9条,徴兵制を巡る議論について

1/3

ずっと考え,悩んでいる問題がある。防衛-国防を巡る諸問題だ。個人的な思いを述べれば,人が戦争の場に駆り立てられ,そこで死んだり障害を負うようなことは絶対に受け入れられない。だが,世界に紛争が絶えない現実を見れば,「戦争」が起きる可能性を無視することはできず,その可能性を前提とした防衛の在り方について考えることを避けて通ることはできない。

一方で,戦後75年を経ようとしている現在において,占領下において制度設計された当時の状況と大きく異なる時代の変化と進歩があり,これを踏まえた議論も必要となろう。ここでは,あくまで試論として防衛に関連する事項について述べてみる。

まず最初に挙げなければいけない意外な事実がある。それは,大規模な,国家間の戦争が減少し国家間の戦争による死者は減少している,という事実だ。あのイラク戦争でさえ,米軍を中心とする有志連合軍の死者数は2003年から2011年の合計で4804人であったという。民間人の死者はこれよりも桁違いに多くNATIONAL GEOGLAFICの記事によれば,同期間の合計で推計50万人とされている。

この数十万人規模の死者を決して少ないとは思わないが,あくまで比較の問題として,数千万人規模の死者をそれぞれ出した第1次世界大戦,第2次世界大戦とは大きく異なる。数百万人規模の朝鮮戦争,ベトナム戦争と比べても減少している。これは歴史上重要な人類の進歩といえよう。

また,地域的な偏りもみられる。現在,世界における戦争や紛争は,中東・アフリカでの戦争・内戦に限定されつつある。

その大きな理由は,50年,100年前と異なり,領土や領民が富を生み出す時代ではなくなってきているからだ。その昔,農業が産業主体であったころは,富=農地と農民が産み出すものであり,それゆえ富=領地とそこに所属する領民(農民)であった。ヨーロッパで1000年間戦争が絶えなかったのも,植民地を拡大したのも,領土の拡大が国王や国富の増大に直結していたからに他ならない。

しかし,現代では,領土を拡大したとしても,それが富の増大に直結しない。逆に支配下においた領土のインフラ整備や国民に対する社会保障などの行政コストが大きく増すので,領土拡大が大変な重荷を背負うことにもなりかねない。現に東西ドイツ合併後,ドイツ経済はその大きなコスト負担によってしばらくの間停滞している。

一方で,中東の戦争・内戦やアフリカの内戦が未だに成り立っている背景には,「領土」に直結した石油や鉱山などの資源の存在があるのだろう。アメリカがイラクには兵を派遣して独裁者を排除したが,北朝鮮は放置している本当の理由も経済的メリットの有無が関連していると指摘されているところである。

さて,今の世の中の富を支配しているのは「貿易」と「多国籍展開」である。いつの時代も戦争の動機となってきた,経済的利益を産み出す母体に大きな変化が既に生じたのだ。iPhoneも,ナイキもHUAWEIも,ロシアの石油・天然ガスも,アメリカの農産物も,貿易や多くの国々への展開なくして富を産むことはできない。米中が貿易摩擦の真っ最中にあるが,それでも戦争にはならないだろう。お互いの国の富や繁栄を支えているのは正常な貿易活動であり,相互の国内への自国企業の展開であるからだ。

こういった社会の大前提の明白な変化から翻って考えると,中国や北朝鮮の脅威論などが盛んに喧伝されてはいるが,それらの国々において,日本を侵略し支配するという動機が湧いて出るとは考えにくい。勿論,北朝鮮指導部の破れかぶれな暴発によるミサイル発射や,離島周辺における中国との小競り合いなどが想定されない訳ではないが,資源など無いに等しい日本への本格的侵略・支配への動機は出てこないのだ。日本を侵略・支配する軍事的実力を持ちうる中国においても,もし万一そのような行動に出たとしたら,国連憲章違反として世界中から経済制裁を受けることは間違いない。そうなれば中国は歴史上見られなかったほどの今の繁栄を自らドブに捨てることになる。

あまり想定できる事態ではない。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  3. 3

    中国の無人コンビニが失敗した訳

    文春オンライン

  4. 4

    竹本氏にIT大臣ムリ 投資家断言

    内藤忍

  5. 5

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍政権下での改憲反対は言い訳

    小林よしのり

  7. 7

    進次郎氏の美辞麗句で小池氏想起

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  9. 9

    宮城県が安重根記念碑の看板撤去

    和田政宗

  10. 10

    日韓関係悪化は日本のチャンス

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。